2006年10月29日

2006日本シリーズ開幕(BlogPet)

だんぱらが日本ハムでエースは失点しないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「だんぱら」が書きました。
posted by ボヤッピー at 13:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | だんぱら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

日ハム、本拠地札幌で日本一決める!!

日本シリーズ第5戦の日本ハムvs中日が
札幌ドームで行なわれ、4−1で日本ハムが勝ち、
4勝1敗、第2戦から4連勝で日本一を決めました。

日ハムの日本一は44年ぶり2度目。
札幌移転わずか3年で頂点に立ちました。

今頃、北海道各地特に札幌市内は大騒ぎになっている事でしょう。
今年は駒苫フィーバーだけでなく日ハムフィーバーも
起こりました。

まだ日ハムが東京ドーム時代、暇つぶしに試合を
見たときは優勝する事なんてないと思ってました。
自分の故郷で優勝なんて夢出来事でしたが
現実のものになりました。

ヒルマン監督はまたも「シンジラレナーイ!!」
発言が出ました。
本当におめでとうございます!!!

一方、中日はまたも日本一を逃しました。
初戦は制したものの、2戦目以降は打線が沈黙しました。
得点力不足が最後まで響いてしまいました。
ナゴヤドームに戻る事なく今年のシーズンを終了しました。
セリーグ全体、元気がないように思えます。
来年からプレーオフが始まるので、パリーグに負けない
活気を見せて欲しいです。

そして、この試合が引退試合になる新庄選手は
8回裏の打席からずっと号泣。
阪神やメッツ時代を含め、今までの野球人生を
振り返ったのでしょうか。
本当にお疲れ様でした。

MVPは日本ハムの稲葉選手が受賞しました。
次は日本代表としてアジアシリーズで
かつての本拠地東京ドームに戻ります!!
試合に見に行こうかなぁ・・・


※第3戦〜5戦の詳細は後日追記で修正します。
posted by ボヤッピー at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

季節の変わり目

先週まで晴れが続いて暖かい日が続いていましたが
日曜の昼過ぎから冷たい雨が振り続き、」
昨日は最高14度。
自分の部屋は普段なら西日が差して、夜になっても
暖かさが残っているのですが、昨日と一昨日は
さすがに寒かったです。
毛布を1枚多めにして寝ました。
初ストーブまではいかなかったけど
いよいよ秋本番ですかね。

ここ3日間寝不足続きなので日本シリーズネタは
明日まとめて書きたいと思ってます。
余力があればですが・・・
日ハム早くも王手!
あっさり決まっちゃうかも?
posted by ボヤッピー at 23:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

NOAH〜Autumn Navigation'06大阪府立体育館大会

まず、CHGヘビー級選手権試合から。
丸藤正道選手の初防衛戦の相手はKENTA選手に
決定し、調印式が行なわれました。
同タイトルでジュニアヘビー同士が行なわれるのは
初めての事です。
当時、KENTA選手がジュニアヘビー王者のとき
丸藤選手が挑戦しました。
このときはKENTA選手が勝って防衛しています。
今度は丸藤選手がリベンジする思いが強い様です。
何でヘビー級の選手とやらないんだという批判も
あると思いますが、この二人は何度も激しい試合を
してきました。
いずれ、ヘビー級の選手とはやるでしょう。
とりあえず、武道館のメインでの二人の試合に
注目したいと思います。

また、この日GHCタッグ選手権王座決定トーナメントが
開幕しました。

まず、田上明選手がなんとSUWA選手とまさかのタッグ!!
ダグ・ウィリアムズ選手&ナイジャル・マッキネス選手と対戦。
試合は田上選手がマッギネス選手を俺が田上でとどめを差し
準決勝進出です。
当初はり力皇猛選手&杉浦貴選手が出場する予定でしたが
力皇選手がケガの為欠場。
急遽出場した即席チームなのにこのコンビネーション!!
準決勝が楽しみです!!

続いて、齋藤彰俊選手が衝撃のタッグ結成を行なった
KENTA選手と登場。
相手は高山善廣選手と佐野巧真選手の元UWFコンビです。
試合はKENTA選手が高山選手に激しい攻撃を見せたり
する場面があり、30分近い長い戦いになりました。
結果は高山選手が齋藤選手をエベレストジャーマンで沈め
準決勝進出を決めました。

今日の勝った2チームが11月26日札幌スピカ大会で
対決します。

また数日後、高山選手は三沢光晴選手、秋山準選手、
丸藤選手のタッグトーナメント出場を名指しで要求。
最終的な結果は下記のとおり。


11月17日 後楽園ホール
力皇猛&杉浦貴vs森嶋猛&モハネド・ヨネ

11月20日 新潟市体育館
本田多門&潮崎豪vs他団体チーム
※他団体チームは後日発表

11月26日 札幌スピカ大会
準決勝2試合

12月2日 横浜文化体育館大会
決勝戦


結局、3選手共不参加に・・・
これは高山選手怒りまくりでしょうね〜。
この決定で僕は高山選手&佐野選手組が優勝すると
予想しました。
勝ったら、3選手にホコ先を向ける展開を予想。
復帰してから約3ヶ月。
いよいよ高山節が本格的に!!

続きを読む
posted by ボヤッピー at 23:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

2006日本シリーズ開幕

セリーグ覇者中日ドラゴンズvs
パリーグ覇者日本ハムファイターズの
日本シリーズが開幕しました。
第1、2戦はナゴヤドームで行なわれました。

【第1戦】。
中日 4−2 日本ハム


2回表、中日谷繁選手のタイムリーヒットで
2点を先制します。

しかし、3回表日本ハムセギノール選手の
タイムリーヒットと新庄選手の犠飛で同点に
追いつきます。

その裏、中日は井上のタイムリーヒットで
勝ち越しました。

4回以降は得点なしでしたが
8回裏に中日のアレックス選手が
タイムリーヒットで待望の追加点。

投げてはエース川上投手が4回以降立ち直り好投。
最後は抑えの岩瀬投手が締め、中日が先勝しました。
ペナント後半からプレーオフ第2ステージで大活躍した
ダルビッシュ投手でしたが及びませんでした。


【第2戦】
日本ハム 5−2 中日


日本ハムは1回表セギノールのタイムリーヒットで1点を
先制します。
しかし、その裏、中日井端のシリーズ1号ソロ本塁打で
同点にします。

中日は4回、福留選手が今シリーズ初安打となるソロ本塁打で
勝ち越します。

1点を追う日本ハムは7回に金子のタイムリーで2点を取り逆転。
さらに8回にはセギノールが2点本塁打を放つ。
日本ハムは先発八木投手から中継ぎの武田久投手、
リリーフのマイケル投手とつなぎ、1勝1敗のタイに
持ち込みました。
先発山本昌投手は2回以降6回まで無失点と好投したが
7回に打たれ降板しました。

中日、本拠地で連勝ならず!!
1勝1敗のまま舞台は札幌ドームへ移ります。
第3戦は24日です。
posted by ボヤッピー at 01:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

しかし福留に中日と福留で勝ち越し♪(BlogPet)

だんぱらはインタビューー!
しかし福留に中日と福留で勝ち越し♪
そして福留へ終了された。
しかしきょうだんぱらが福留で投手みたいな対戦するつもりだった。
そして福留に巨人が福留へ中日が福留に優勝したかったの♪
しかし福留へ阪神と監督したの?

テレビ塔を去ってからは時間がある為、降車客でごった返してましたがこんなに延伸されてたんですね。
外に出ました。
 



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「だんぱら」が書きました。
posted by ボヤッピー at 14:03| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | だんぱら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

1秒差の悲劇

伝統の箱根駅伝。
来年の出場権をかけて予選会が行なわれました。

トップは早稲田大。
10選手全員が50位以内に入り、2位に約6分差
ぶっちぎりの予選通過です。

しかし、去年は予選2位でしたが
本選は13位でした。
来年こそはシード権を獲得したいところです。

そんな中、今年もボーダーの9位争いで
非情なドラマが待っていました。
しかもこれ以上残酷なドラマはありません。

9位国士舘大までが箱根本選通過。
10位拓殖大は落選。
その差わずか1秒差。
会場にどよめき&衝撃が走りました。

6位までは純粋なタイムで決まりますが
7位以下は過去の大会のインカレポイントで
タイムを減算する方式を取って決めます。
拓殖大はタイムは7位でしたが、
過去の成績が悪くポイントが少ないのに対し
城西大、大東文化大、国士舘大がかなり稼いでいました。
その結果、上位の結果が出てしまった訳です。
6位に入らなかっただけでこんな最悪の結果が
待っているとは・・・
1人0.1秒差ですよ!

ほとんどの選手と学校関係者は大号泣。
中には一目をはばからず嗚咽を吐いていた選手もいました。
拓殖大は過去に5秒差で箱根を逃した事があります。
悪夢再来しかも前回以上・・・
この悔しさを来年ぶつけて欲しいです。

箱根駅伝本選は来年1月2〜3日
東京大手町〜箱根芦ノ湖で開催します。
posted by ボヤッピー at 16:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

次世代マイパソコン

自分がディスクトップ式のパソコンを使っていますが
購入してから5年が経ち、当初と比べると
動きが悪くなってる様に見えます。
今の所普通に使えますが、寿命になってからでは遅いので
今のパソコンが元気なうちに新しいパソコンを買おうと
思ってます。

今月末の給料を待たないと買えないので
とりあえず、何を買うかネットを見たり
お店に行ったりして、探してる。

ノートパソコンが欲しいのでソニーのバイオ当たりを
買う予定です。
オフィス、マルチDVD付きで更にEdyなどの
IC機能が付いてるし、色も選べるなどの理由で
他社と比べてもやや安いからです。

最近はお店よりもネットショップのほうが安いのですね。
しかし、ネットショップだとメモリ増設のサービスは
して貰えなさそうなのでどちらで買うか迷ってます。
時間もあるのでもう少し検討します。
posted by ボヤッピー at 23:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

って言ってたけど…(BlogPet)

そういえば、ボヤッピーが
ある意味もみじ饅頭のドラゴンズより屈辱的です(笑)あとレフェリーがなぜ浅子トレーナーなのか?
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「だんぱら」が書きました。
posted by ボヤッピー at 14:35| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | だんぱら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

カンニング

アタック25で優勝した医大生が
予選会にカンニングした事をミクシィに告白。
それが2ちゃんなど大手掲示板サイトに広がり、
検索サイトに乗るまでの騒動になりました。
情報が広まった医大生は速攻でミクシイを退会。
しかし、時既に遅しでした。

当日放送を見ると、他の回答者より誤答数が
圧倒的に多く、しかも誤答数が正解数を上回った。
しかし、うまく角を取り、一気に青(医大生の色の席)が
埋まって優勝。
悪運の強い人だ。

リアルで出場してたのをネタにするだけならまだしも
カンニングをネタにしたのはヤバかったでしょうね。
つーか、バカ丸出しじゃん。

こんなのが医者になったら、医療ミスが増えそう。。。
posted by ボヤッピー at 21:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

買物に行く途中で

見づらいかも知れませんが
電線の上に大量のスズメさんが並んでました。

200610-01.JPG

この後、アスファルトにリアルでフンを
ボトボト落とす音が聞こえました・・・。

飛んでる最中にフンを落とす札幌真駒内駅の
カラスよりはまだマシか(笑)
posted by ボヤッピー at 23:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

日ハム25年ぶりのパ制覇!!

パリーグプレーオフ第2ステージは
日本ハムファイターズが2連勝で
25年ぶり3度目の優勝を本拠地
札幌ドームで決めました!!


ダルビッシュ投手の完投勝利で第1戦は
日本ハムが勝利し優勝に王手を賭けました。
第2戦は日ハム八木投手、福岡ソフトバンク
斉藤和投手の投げあいで0−0の投手戦のまま
9回裏をむかえます。

四球や敬遠などで二死一二塁から
稲葉選手が打ち、二塁ホースアウトを
狙いますがセーフ!!
その間にセカンドから森本選手が一気に
ホームへ駆け込みサヨナラ!!
(記録は内野安打)
日ハムの優勝が決定しました!!

初めて胴上げされた直後のヒルマン監督の
最初の一言は「シンジラレナーイ!!」
自分も地元北海道に本拠地を移して
3年で優勝するとは夢にも思わなかったです。
本当におめでとうございます!!

一方、ソフトバンクはこれで3年連続
第2ステージで敗退です。
福岡ドームに行く事なく終わってしまいました。
でも斉藤和選手は良く投げました!!
来年こそは静養中の王監督と今度こそ
死に物狂いで優勝を狙ってくるでしょう。

それにしても北海道の野球ファンは関心が高いです。
第1戦の瞬間視聴率は40%を超えた模様です。
今日は優勝を決めたのでそれ以上の数字が出る事は
間違いないでしょう。

セリーグ覇者中日ドラゴンズと対戦する
日本シリーズは21日、ナゴヤドームから
スタートです!!
posted by ボヤッピー at 21:30| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

ドラゴンズ優勝決定!!

東京ドームで巨人との対戦。
3−1と中日がリードしてましたが、
7回に高橋由選手と小久保選手の連続ソロホームランで
同点に追いつかれ延長戦に突入しました。
引き分けの場合はこの日の優勝はない中日は12回表
一死満塁から福留選手のタイムリーヒットで勝ち越し!
そしてウッズ選手が満塁ホームラン!!
優勝にとどめを差したグランドスラム!!
その後、さらに1点を追加してこの回6点!!
12回裏、巨人はノーアウトからランナーを出しましたが
岩瀬投手はこの後、3人を押さえ試合終了!!

セリーグは中日ドラゴンズが2年ぶりに
ペナントレースを制しました!!

8月12日から「M40」が点灯して、
一度も消える事なく順調にマジックを減らしました。
独走態勢の中、昨年の覇者阪神だけは追い上げを
見せていましたが、惜しくも及びませんでした。
しかし、阪神も精一杯頑張ったと思います。

前回の優勝は負けて胴上げ。
今日は文句無し勝って胴上げをしました!!
試合終了後は落合監督は優勝インタビューで
感極まって号泣しました。
敵地なのに大勢のドラゴンズファンで一杯でした。
日本シリーズはパリーグのプレーオフ第2ステージの勝者と
対戦します。
今度こそ、日本一になるか!?

続きを読む
posted by ボヤッピー at 01:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

ハッスル20視聴レビュー

オープニングは坂田亘GMが向かえます。
そこへ早くも高田総統が登場。
大阪で天龍源一郎選手に敗れ、公約だった
「ハッスルマニア2006」の対戦ならず
GM職の辞任を要求。
但し、「ハッスルマニア2006」でうわさの
彼女「えい子」を連れてくれば許すという。
果たして、当日はえい子の入場はあるのか?

ハッスル仮面イエローは高田総統に操られ
モンスター軍の一員として登場。
ハッスル仮面は怪我したブルーに変わり
グリーンが登場し、レッドとタッグを組みます。
しかし、イエローの力は凄まじく最後は
レッドに強烈なパワーボムでイエローの勝ち!!
ハッスル仮面解散の危機です!!

\(^O^)/ (万歳)ちえ選手のデビュー戦は
ブードゥーマスターズのYASSHI選手。
デビュー戦なのに思った以上の強さでした。
最後は敗れたものの大健闘の試合だったと思います。

坂田軍団は6人タッグにRGを試合に組む無謀なカード。
案の定金村キンタロー選手、田中将人選手、黒田哲広選手に
ボコボコにされます。
テーブル攻撃は可愛そうと思いつつも大爆笑。
途中、田中選手のギター攻撃に持参のヘルメットで防御。
有頂天になるRGは攻撃をしかけますがあっさり
ヘルメットを外されます。
最後は金村選手が爆YAMAスペシャルでRGを
圧殺しました。

セミのハッスルスーパータッグは3WAYマッチとなりました。
王者Erika選手&マーガレット組が
チーム3Dババ・レイ選手&ティー・ボン選手と
ソドム&ゴモラ組を相手の防衛戦でした。
Erika選手は途中、裏券を出すなど健闘しましたが
最後はディー・ボン選手がErica選手にフォール勝ち。
チーム3Dが新王者に輝きました。

続きを読む
posted by ボヤッピー at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

ハッスル19視聴レビュー

気になったところだけ書きます。

まず、久しぶりにハッスル仮面に動きがありましたね。
イエローがモンスター軍に誘拐されました。
モンスター軍はいったい何をたくらんでいるのか?

ババ・レイ選手&ティーボン選手のチーム3Dは
相変わらずの大暴れ!!
ついにキーボードまで凶器に(笑)
今日は王者組Erika選手&マーガレット選手の
ハッスルスーパータッグ選手権に挑戦します。
ソドム&ゴモラが加わる3Wayタッグ戦で行なわれます。
どんな結末が待ってるのか想像がつきません。

カイヤの復帰2戦目も残念ながらアンジョー司令長官に
フォール負け。
アンジョーがマイクアピールした様に僕が思った以上に
良くなかったです。
前回よりは技は多かったですが、アピール度はまだまだ。
むしろハカイヤーに全部持ってかれた様に思います。
あの悪魔のような笑い声は面白かったです。
お母さんが亡くなってもアメリカに帰らず、
毎日トレーニングした頑張りは認めますが、
今のままだと能力的に限界があるように感じます。
今後の動向を待ちましょう。

GMに就任した坂田亘選手はかつての仲間
モンスター大将天龍源一郎選手とシングルマッチ。
勝てばエスペランサーと対戦出来る坂田選手は
いすや机を使い、なり振り構わず攻撃。
あと一歩まで追い詰めましたが天龍選手は延髄から
直下式の53歳でとどめを差しました。
坂田選手にとっては苦い敗戦。
GMとして次はどんな策を練ってくるのでしょうか?

メインは恒例のハッスル軍vsモンスター軍の6人タッグ。
フォールされた選手は十字張り付けの刑にあい、
1分間敵の選手は何をやってもOKという屈辱的な
罰が待ってます。
試合中にモンスターK川田利明選手がニューリン様を
十字張り付けにして、衣装のセーラー服を破り取る暴挙に!!
TAJIRI選手と大谷晋二郎選手に助けられ
怒ったニューリン様は川田選手にムチ攻撃!!
さらにキック!!
ソドム&ゴモラを分断して、HG&ニューリン様の合体攻撃から
キャプテンハッスル小川直也選手のSTO!!
HGのダイビングヘッド!!
とどめは「真心!!」と叫びながらのM字フォール!!
ハッスル軍が勝ちました。

フォールされた考案者の川田選手が十字張り付けの
刑にされました。
小川選手は墨でドラえもん式ひげを描き、
HGは持参の刷毛で川田の乳首を(以下略)
最後はニューリン様のムチ攻撃で終了。
これ以上にない屈辱を受けました。
それにしても、川田選手はどこまで壊れれば気が済むのか(笑)

今日、愛知県体育館で行なわれる「ハッスル20」で
ハッスル軍vsモンスター軍による5vs5の全面対抗戦が
行なわれます。
もし、ハッスル軍が勝てば横浜アリーナで開催の
「ハッスルマニア2006」でエスペランサーの一騎打ちが
決定します!!
このチャンスを物にしたいハッスル軍。
結果は今日分かります。
posted by ボヤッピー at 16:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

ボヤッピーが(BlogPet)

ボヤッピーが
残念ながら開幕戦は「ハッスル19」と時間帯が重なりますがハッスルは8日の再放送で見ることにして今回はNOAHを札幌して見たいと思います。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「だんぱら」が書きました。
posted by ボヤッピー at 14:55| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | だんぱら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

NOAH〜Autumn Navigation'06後楽園大会

簡単に目立った試合を殴り書きします。

秋山準選手が第一試合から登場!!
デビュー当時の青いタイツで登場しました。
全日から見てる方には懐かしいのではないでしょうか。
試合終了後は菊地毅選手と殴り合いの乱闘。
秋山選手と菊地選手の遺恨が勃発です。

続いて橋選手の復帰戦。
SUWA選手のトップロープからのダイビングヘッドで股間直撃!!
手荒い復帰祝いを迎えられました。
最後はGHCハードコア王者志賀賢太郎選手が百田光雄選手を
丸め込んで橋組は敗れましたが、これから橋選手の再スタートに
期待したいと思います。

そのハードコアの挑戦者になった川畑輝鎮選手。
負けると愛着のあるモヒカン刈りからパンチパーマに変えないと
いけません。
さらにその頭で手錠をかけたまま交番の前で一時間立つという
屈辱かつ危険な罰ゲームが待ってます。
タイトルはもちろんプライドかけ絶対に負けられない一戦です。
そんな中、力皇猛選手、モハメド・ヨネ選手、KENTA選手の
強豪相手に善戦。
最後はヨネ選手のキン肉バスターに敗れましたが今シリーズに
かける意気込みはあったと思います。
そして、今日一番ビックリしたのは齋藤彰俊選手の爆弾発言。
なんと、KENTA選手とまさかのタッグ要請!!
GHCヘビータッグ決定トーナメントに参戦する様です。
二人は試合中、控え室まで雪崩込む場外戦を殺り合ってたので
遺恨が始まると思ったので意表つかれました。
しかし、KENTA選手は前シリーズの武道館で衝撃のインパクトを
残した柴田勝頼選手がいます。
ただ、NOAHのHPを見ると参戦選手に二人の名前が載ってます。
果たして、KENTA選手の動向は?

また、GHCヘビータッグトーナメントを参戦表明しているのは
本田多門選手&潮崎豪選手、
ダグ・ウィリアムス選手&ナイジェル・マッギネス選手の2組のみ。
齋藤彰俊選手&KENTA選手
高山善廣選手&佐野巧真選手の4組。
その他は後日発表。
参戦表明してない選手を含め、全く展開が読めません。

セミの三沢光晴選手と村上和成選手の6人タッグ前哨戦。
直接対決があるかと思いましたが、二人が絡んだのは三沢選手が
仕掛けたエルボー数発だけ。
試合は若手の太田一平選手がBML勢に囚われ早くも分断。
村上選手のストレートパンチ一発でフォール勝ちしました。
三沢選手は速攻で花道を去りました。
拍子抜けに終わった前哨戦ですが村上選手の作戦か?
とにかく大阪が楽しみです!!

メインは丸藤選手が森嶋選手を利用しての不知火で初参戦の
ムーラット・ボスポラス選手に完勝!!
今シリーズのヘビー級防衛戦はあるのでしょうか?
そして、タッグトーナメント参戦はするのか?

最後に足を痛めても最後まで試合をやり切った
リッキー・マルビンに拍手を送りたいと思います。
相当ダメージがでかいと思います。
今後の参戦に影響が無いことを祈ります。
以上です。
posted by ボヤッピー at 22:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

何もないが

今日は体調がすぐれず休みました。
という訳で4連休にしました。

ここ2週間程は平穏でしたが、来週から2ヶ月程
忙しくなる模様です。
休日出勤の可能性もあり、ブログの更新は出来るのかと
少し心配です。

先程までNOAHの10月シリーズ開幕戦を視聴してました。
レポ書こうと思ったけど頭が回らないので明日書くつもりです。
とりあえず、ネットラジオでも聞こう。。。
posted by ボヤッピー at 22:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

札幌探索その5

地下鉄探索も終わったので、夕食のラーメンを食べました。
前日も食べたのですが、やっぱり札幌でラーメンを食わないと
始まらないですね。
札幌はみそは主流ですが、自分は醤油が好きなので
この日も醤油を食べました。
味はまあまあかな・・・

sapporo5-1.JPG sapporo5-2.JPG

ラストはJRタワーの展望台へ行きました。
これも初めて行くところです。
地上38階、160メートルの札幌360℃の夜景は
文句のつけようが無い素晴らしい夜景でした!!
しかも、この日は快晴で絶好の夜景日和でした。
これで700円、テレビ塔とほぼ同じ値段なのが信じられません。
あまりの綺麗な夜景に1時間程滞在してました。

sapporo5-3.JPG sapporo5-4.JPG

この夜景で札幌観光は終了。
宿泊先の中島公園駅近くのホテルへ戻りました。
翌日は高速バズ実家の室蘭へ帰りました。
posted by ボヤッピー at 21:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・帰省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

札幌探索その4

テレビ塔を去ってからは時間があるので、地下鉄に
乗りまくってました。
自分は札幌の地下鉄がなぜか好きで時間もあるので夕方まで
角から角まで回ってました。
東西線新さっぽろ駅から外に出ましたが特に何もなくアイス食って
また地下鉄に乗りました。

sapporo4-1.JPG sapporo4-2.JPG

東豊線福住駅はこの日、日本ハムのナイターがある為、
降車客でごった返してました。
前来た時は豊水すすきが終点でしたがこんなに
延伸されてたんですね。
外に出ると応援グッズが沢山売ってました。
あまり関心してませんでしたが、今はレギュラーシーズン1位で
プレーオフ争ってるから他人事じゃ無くなってきました。

sapporo4-3.JPG sapporo4-4.JPG
posted by ボヤッピー at 23:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・帰省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。