2006年07月09日

ドイツW杯 3位決定戦

実は生で試合を見ようと思い、眠い目をこすりながら待ってましたが
試合開始3分前に力尽きて、目が覚めた頃にはオレンジレンヂの曲が
流れてました。
せつなかったです。。。
結局、録画中継で昼過ぎのハイビジョンで見ました。
ムダな一夜を過ごしてしまった。


ドイツ 3−1 ポルトガル

ドイツのGKオリバー・カーン選手がラストの試合で今大会初出場。
日韓大会では準優勝に貢献した正GKでした。
今大会はレーマン選手に奪われ、すっとベンチで温めてましたが
万を持しての登場です。

前半は両チーム無得点で後半に入ります。

後半11分、ドリブルで切り込んだシュバインシュタイガー選手が
ミドルシュートでドイツ先取点。

後半15分、FKからシュバインシュタイガー選手がゴール前に浮かした
早いボールをクリアしようとしたペティート選手の足に当たったボールが
無常にもゴールへ。
ポルトガルのオウンゴールでドイツ2点差。

後半33分、ノイヴィル選手から左サイドでボールを受けた
シュバインシュタイガー選手がドリブルで切り込み、
1点目よりさらに鋭いミドルシュートを決めて、
ドイツが勝負をほぼ決める3点目を決めました。

後半43分、フィーゴ選手からゴール前のヌーノゴメス選手が
ダイビングヘッドを叩き込みポルトガルが1点を返します。

ドイツ2点差になりましたが、その後は冷静に守り切り試合終了。
開催国ドイツが3位を決めました!
優勝は逃しましたが優秀の美を飾りました。

カーン選手のプレイは相変わらずの凄さで控えにいるのが信じられません。
それだけドイツのGKの層が厚いという事でしょうか。


また、この試合は日本の上川徹氏が主審を務めました。
日本人審判として初めて決勝トーナメントで笛を吹き公正なジャッジで
試合を盛り上げました。
裏方で地味な持ち回りですが、彼らにもW杯予選があり、
ジャッジミスなどが多いと決勝トーナメントでは試合に出してもらえません。
上川氏の3位決定戦の主審は本当に名誉ある事です。
お疲れ様でした。


そして、日本時間10日午前3時からいよいよ決勝戦!!
イタリア vs フランス
今日は早く寝て、明日こそはオンタイムで見ます。
posted by ボヤッピー at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。