2006年12月04日

ハッスルマニア2006レビュー

もう終了から1週間以上経ってますが更新します。
本来なら試合直後に更新するつもりでしたが
正直表紙抜けした感じで書く気になれませんでした。

結末はあれで良いと思いますが、
全体的に見るといまいちでした。
サプライズがほとんど無かったのもありますが
もう少し展開を考えればもっと良いシナリオに
仕上がったのでは無いでしょうか。
もったいない気がします。

今後の展開が全く見えません。
クリスマスでは来年に繋がる予告が見れるのか
静かに見守りたいと思います。

以降、試合順に感想を書きます。

第1ハッスル
みんなの叫びによりイエロー復活!!
有終の美を飾り、ハッスル仮面はハッスル星に帰り
ハッピーエンド・・・と思いきや
来年より新シリーズスタート!?

第2ハッスル
掛け声はハッスル名物ですが
お客さんの自然の流れから出るもの
わざわざ無理に掛け声を求めるのはどうかと
思いましたが結構面白かったです。
ハッスル親善大使に選ばれた真鍋かをりも
「キ○タ・マ・あちち!」とコールしてました。
事務所的にどうなのか?生放送なので編集聞かず(笑)
金村キンタロー選手に唇を奪われたドクロンZ選手には
同情します。。。

第3ハッスル
メイン以上に賛否両輪の多かったカード。
とにかくこの試合は色んな意味で痛かった。
海川ひとみはデビュー戦にもかかわらず予想以上に
レスリングを行ってました。
僕的には高く評価してますが、マイクは余計だった。
言葉の違いだろうが、空気を読まない一部のファンは
殺意を感じました。
おかげで会場のトーンが一気に冷え切ってしまいました。
今後も出て良いと思いますが、鼻骨骨折しているらしく
本業の仕事をキャンセルしているといいます。
掛け持ちを仕事を行ってるのに本業に影響が出てしまうと
今回のみで終わってしまう可能性があるかもしれません。

第4ハッスル
前の試合の余韻があり、試合に集中出来ませんでした。
3Dは持ち前のファイトを発揮出来ず終了。
試合後、ソドムゴモラに殴られまくり遺恨を残したが
凍りつく会場をさらに冷やしてしまった気がします。
予想以上の期待外れ。

第5ハッスル
ハッスルマニアの試合では一番盛り上がった試合でしょう。
鈴木みのる選手と坂田亘選手兼GMの闘志むき出しの
殴り合いはもう少し見たかったです。
それにしてもRGをやられっぷりはいつ見ても面白い!!
RGが三冠の暫定王者になって、みのる選手と坂田選手の
勝ったほうがRGに挑戦するという意味不明の取引は
大爆笑でした!!
これほどまでに輝いたRGは見た事ありません!!

セミハッスル
試合自体いまいち。
ニューリン様の新ムチの演出は微妙。
ただ、その後のレスリングはかなりうまくなった気がします。
カイヤはモンスター軍に移ってもダメダメでした。
本当にいらないかも・・・

メインハッスル
結末はまさかのアンハッピーエンド!!
オカリナを奪われたニューリン様にビターン!!
花道が陥没するほどのツームストンパイルドライバー!!
エスペランサーはやはり強かった・・・
終わった瞬間はボー然としましたが
しばらく考えるとあーいう結末もありですね。
大抵の結末はハッピーエンドで終わらせるものですが
逢えて最悪の結末を迎えた結末に今後の展開があるものと
感じてますがそれはクリスマスにならないと分からないですね。
現時点では最新の展開がほとんど無い訳ですしね。

キャプテンハッスル小川直也選手の締めはほとんど投げやり・・・
もうちょっと言い方があるだろうに・・・
客は帰るしもうグタグタ。
小川選手はヒールのほうが似合ってますね。
あのキャラのままじゃ、浮きっぱなしで誰もついていけません!
posted by ボヤッピー at 21:10| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28924140
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。