2006年12月17日

トヨタクラブW杯2006決勝戦

【決勝】
12/17 横浜国際
バルセロナ(スペイン−欧州)
VS
インテルナシオナル(ブラジル−南米)


1−0インテルナシオナルが下馬評を覆し世界一!!

後半36分 アドリアーノ

バルセロナは木曜の圧勝で浮かれすぎたのでしょうか?
それともバルセロナ対策が功を奏したのか?
決勝点のインテルの攻めは完璧でした!!

W杯メンバーが一人も出ていないインテルがまさかの優勝!!
インテルのブラガ監督は試合前番狂わせを予告していましたが
予告通りの結果になってしまいました。
恐るべし!南米サッカー!!

世界最強チームが必ず勝つ訳ではありません!!
勝負はやって見なければ分かりません!!
これがサッカー!!

バルセロナひいきの日テレスタッフが悲しむ中、
ジュビロ磐田でプレーしたドゥンガ元選手が満面の笑みでした。
自分的には年々番組作りのレベルが落ちる日テレに
ザマアミロと言ってやりたいです。

あと、今日の試合に関係ない日本選手の生辛口を披露した
オシム監督にも拍手を贈りたいと思います。
空気を読まないところが笑えました。

準々決勝から3位決定戦までの結果は以下の通りです。

【準々決勝】
12/10 豊田
アハリSC(エジプト−アフリカ)
VS
オークランド(ニュージーランド−オセアニア)

2−0アハリSCの勝ち

後半6分 フラビオ
後半28分 アブートリカ


12/11 東京国立
クラブ・アメリカ(メキシコ−中北米)
VS
全北現代(韓国−アジア)

1−0クラブ・アメリカの勝ち

後半34分 R・ロハス


【準決勝】
12/13 東京国立
インテルナシオナル
VS
アハリSC

2−1インテルナシオナルの勝ち

前半23分 パット(インテル)
後半9分 フラビオ(アハリSC)
後半27分 アドリアーノ(インテル)


12/14 横浜国際
バルセロナ
VS
クラブアメリカ

4−0バルセロナ圧勝!!

前半11分 グジョンセン
前半30分 マルケス
後半20分 ロナウジーニョ
後半40分 デコ


※ロナウジーニョ選手は楽しんでサッカーをしてました。
バルセロナ強すぎ・・・


【5位決定戦】
12/15 東京国立
オークランド
VS
全北現代

3−0全北現代の勝ち5位決定

前半17分 イ・ヒョンソン
前半31分 キム・ヒョンボム
後半28分 ゼカルロ


※全北はアジア代表として意地を見せました。
オークランド岩本選手が登場時は大歓声!!
シュートを何度か仕掛けるも得点ならず。
この試合で引退ですが本人は悔いが残る様です。
お疲れ様でした。


【3位決定戦】
12/17 横浜国際
アハリSC
VS
クラブアメリカ

2−1アハリSCが勝ち3位決定

前半42分 アブートリカ(アハリSC)
後半14分 カバニャス(クラブアメリカ)
後半34分 アブートリカ(アハリSC)
posted by ボヤッピー at 21:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29821401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。