2007年01月03日

箱根駅伝往路

1区で東海大の佐藤悠基選手が区間新記録を
達成して4分のアドバンテージ。
このまま往路優勝かと思ったがドラマはやはり
5区で起きました。

順天堂大の今井正人選手が東海大の2分余りの
貯金をもろともせず逆転往路優勝!!

今井選手はこれで5区3年連続区間新記録を作り、
往路優勝に大きく貢献しました。
山のスペシャリストは肩書き通りの記録を
作り箱根最後の駅伝を締めくくりました。

尚、2位は東海大、3位は日体大。
連覇を狙う亜細亜大は13位で連覇どころか
シード権も危うくなってきました。
posted by ボヤッピー at 00:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。