2007年01月04日

箱根駅伝復路

順天堂大学が6年ぶり11回目の優勝を決めました。
9区、10区は区間賞。
10区は区間新記録のおまけ付き。
2位に6分余りの差を付け圧勝でした。
前日も往路に続き復路も順大が制し、
完全優勝を決めました。

昨年は優勝確定と思われた8区で難波選手の
脱水症状を起こす大ブレーキ。
タスキは繋いだものの優勝を逃してしまいました。
今回は2年がかりの優勝。
現在社会人で活躍している難波選手も駆けつけ
ゴールした後は号泣。
感動の結末でした。

2位は10区で東海大を抜いた日大。
東海大は3位。

昨年覇者、亜細亜大は10位と振るわず。
辛うじてシード権はギリギリで確保しました。

城西大は2年連続の11位。
昨年は10秒差、今年は10区で大きく引き離されました。
昨年2位の山梨大は12位でシード落ち。

また、神大と学連選抜が無念の繰上げスタート。
繰上げスタートは3年ぶりの事です。
タスキが途絶えてしまった神大は何度も
「ごめん・・・ごめん・・・」と
泣きながらつぶやいていました。。。
posted by ボヤッピー at 00:00| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうは学へ脱水したの?
また難波に亜細亜大は区間もシードしなかった?
Posted by BlogPetのだんぱら at 2007年01月08日 12:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。