2006年12月17日

トヨタクラブW杯2006決勝戦

【決勝】
12/17 横浜国際
バルセロナ(スペイン−欧州)
VS
インテルナシオナル(ブラジル−南米)


1−0インテルナシオナルが下馬評を覆し世界一!!

後半36分 アドリアーノ

バルセロナは木曜の圧勝で浮かれすぎたのでしょうか?
それともバルセロナ対策が功を奏したのか?
決勝点のインテルの攻めは完璧でした!!

W杯メンバーが一人も出ていないインテルがまさかの優勝!!
インテルのブラガ監督は試合前番狂わせを予告していましたが
予告通りの結果になってしまいました。
恐るべし!南米サッカー!!

世界最強チームが必ず勝つ訳ではありません!!
勝負はやって見なければ分かりません!!
これがサッカー!!

バルセロナひいきの日テレスタッフが悲しむ中、
ジュビロ磐田でプレーしたドゥンガ元選手が満面の笑みでした。
自分的には年々番組作りのレベルが落ちる日テレに
ザマアミロと言ってやりたいです。

あと、今日の試合に関係ない日本選手の生辛口を披露した
オシム監督にも拍手を贈りたいと思います。
空気を読まないところが笑えました。

準々決勝から3位決定戦までの結果は以下の通りです。

続きを読む
posted by ボヤッピー at 21:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

ドイツW杯 波乱の決勝戦そして閉幕

決勝
イタリア 1−1 フランス
(PK5−3)


前半6分、ペナルティエリア内に進入したマルダ選手をマテラッツィ選手が
後ろから倒しファウル!!フランスPK!!
蹴るのはジダン選手。ボールはポストに当たるが垂直に落ちたボールは
ゴールラインに入っていました。フランス先取点。

19分、ピルロ選手のCKからゴール前のマテラッツィ選手がヘディングを
決め、イタリア同点!!試合は振り出しに戻りました。

試合開始直後は動きの激しい展開になりましたが、同点になってからは
お互い守備重視に変わり、落ち着いた展開のまま前半を終了しました。

後半でも決着がつかず延長戦へ突入します。
延長戦もフランスペース。
しかし、イタリアの固い守備に得点出来ません。

延長後半5分、目を疑う信じられない事件が発生。
ジダン選手が試合の関係ない所で相手選手の胸に頭突きを奮い
暴力行為でレッドカード一発退場!!

ジダン選手といえどもこのプレーの退場は仕方ありません。
ジダン選手現役最後の試合は退場という本当に非常に残念な形で
終わりました。

このあとフランスの攻撃も止まり、延長後半終了。
PK戦に突入しました。

1人目は両チーム決めます。
2人目イタリアは決めるもフランスのトレゼゲ選手がポスト直撃失敗
3人目、4人目は両チーム決めます。

そして5人目。
グロッソ選手がゴール右に決める優勝のゴール!!!
イタリアが5人全員PKを決めて
24年ぶり4回目の優勝を決めました!!!


このドラマは何と言ってもジダン選手の退場でしょう。
本当にこの暴力行為は残念に思います。
イタリアがボールを持つとフランスサポーターから大ブーイングが
起こったのには怒りを感じました。
イタリアは何も悪い事してないでしょう!!
後味の悪い試合になりましたが壮絶な試合でした。
ジダン選手は表彰式も現れる事はありませんでした。。。

1ヶ月間に渡るW杯が閉幕しました。
4年後の南アフリカ大会を楽しみにレポを終わります。
イタリア優勝おめでとう!!
posted by ボヤッピー at 06:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

ドイツW杯 3位決定戦

実は生で試合を見ようと思い、眠い目をこすりながら待ってましたが
試合開始3分前に力尽きて、目が覚めた頃にはオレンジレンヂの曲が
流れてました。
せつなかったです。。。
結局、録画中継で昼過ぎのハイビジョンで見ました。
ムダな一夜を過ごしてしまった。


ドイツ 3−1 ポルトガル

ドイツのGKオリバー・カーン選手がラストの試合で今大会初出場。
日韓大会では準優勝に貢献した正GKでした。
今大会はレーマン選手に奪われ、すっとベンチで温めてましたが
万を持しての登場です。

前半は両チーム無得点で後半に入ります。

後半11分、ドリブルで切り込んだシュバインシュタイガー選手が
ミドルシュートでドイツ先取点。

後半15分、FKからシュバインシュタイガー選手がゴール前に浮かした
早いボールをクリアしようとしたペティート選手の足に当たったボールが
無常にもゴールへ。
ポルトガルのオウンゴールでドイツ2点差。

後半33分、ノイヴィル選手から左サイドでボールを受けた
シュバインシュタイガー選手がドリブルで切り込み、
1点目よりさらに鋭いミドルシュートを決めて、
ドイツが勝負をほぼ決める3点目を決めました。

後半43分、フィーゴ選手からゴール前のヌーノゴメス選手が
ダイビングヘッドを叩き込みポルトガルが1点を返します。

ドイツ2点差になりましたが、その後は冷静に守り切り試合終了。
開催国ドイツが3位を決めました!
優勝は逃しましたが優秀の美を飾りました。

カーン選手のプレイは相変わらずの凄さで控えにいるのが信じられません。
それだけドイツのGKの層が厚いという事でしょうか。


また、この試合は日本の上川徹氏が主審を務めました。
日本人審判として初めて決勝トーナメントで笛を吹き公正なジャッジで
試合を盛り上げました。
裏方で地味な持ち回りですが、彼らにもW杯予選があり、
ジャッジミスなどが多いと決勝トーナメントでは試合に出してもらえません。
上川氏の3位決定戦の主審は本当に名誉ある事です。
お疲れ様でした。


そして、日本時間10日午前3時からいよいよ決勝戦!!
イタリア vs フランス
今日は早く寝て、明日こそはオンタイムで見ます。
posted by ボヤッピー at 21:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

ドイツW杯 準決勝

時間がなくて、今頃になって更新です。
すみません・・・。

イタリア 2−0 ドイツ

一身一体の攻防!!
前後半90分で決着つかず延長に突入!!

延長でも点が入らず、PK戦かと思われた。
後半14分、CKのこぼれ球を拾ったピルロ選手がペナルティエリア内の
グロッソ選手にパスが通りシュート!!
イタリア土壇場で均衡を破る先取点!!

時間はロスタイム!!
ドイツは開催国の意地として負けられない!!
総攻撃をしかけるがイタリアのカンナヴァーロ選手がボールを奪いカウンター!!
ボールを受けたジラルディーノ選手がフリーのデルピエロ選手にパスが通り
ドイツの夢を打ち砕くとどめの2点目を決めて試合終了!!
イタリア決勝進出!!

ドイツはイタリアにW杯5連敗。
壁は厚かったか・・・。
優勝は逃しましたが3位決定戦で優秀の美を飾って欲しいです。


フランス 1−0 ポルトガル

前半31分、ペナルティエリア内でアンリ選手にボールが渡り、
止めようとしたカルバーリョ選手がアンリを倒してしまいファウル!!
フランスPKのチャンス!!
ジダン選手が左へシュート!!
キーパーも反応するが届かずゴール!!
フランス先取点!!

その後、点が入らず前半終了。
後半もポルトガルは何度も攻め、試合終了直前はキーパーを含め全員攻撃!!
しかし、フランスの固い守備に阻まれ得点する事無く試合終了!!
フランス決勝進出!!

2大会連続1次リーグ敗退の危機もありましたが
決勝トーナメントに入ってから波に乗り、王者復権に王手をかけました。
ジダン選手は泣いても笑ってもこれが代表最後の試合!!
優勝をモノにするのか!?


という訳でいよいよW杯も大詰め!!

8日 3位決定戦
ドイツ vs ポルトガル

9日 決勝
イタリア vs フランス


日曜と月曜は早起き必見!!
posted by ボヤッピー at 22:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

ドイツW杯 ベスト4出揃う!!

ドイツ 1−1 アルゼンチン
(PK4−2)


前半は無得点で折り返し。

後半4分リメルケ選手のCKからアジャラ選手の
ヘディングで押し込みアルゼンチンが先制しました。

後半35分ボロウスキ選手の頭で流したボールを
クローゼ選手がヘディングで決め、ドイツが同点にします。

ゲームが延長戦へ。
しかし延長戦でも決着がつかず、第1試合からPK戦へ突入。

1本目は両方決めます。
2本目はドイツのバラック選手は決めますが、
アルゼンチンのアジャラ選手はGKレーマン選手がキャッチして失敗。
3本目は両方決めます。
4本目はドイツのボロウスキ選手が決めるのに対し
アルゼンチンのカンビアッソはレーマン選手に止められ試合終了。

開催国ドイツはPK4人全員決めて準決勝進出です!


イタリア 3−0 ウクライナ

前半6分ザンブロッタ選手のゴールでイタリアが先制。

後半14分トッティ選手のCKからゴール前のトーニ選手がヘッドで
押し込みイタリアが2点差にします。

後半24分ザンブロッタ選手がドリブルでペナルティエリア内に進入し
最後はまたもトーニ選手が決め、イタリアダメ押しの3点目。

イタリアがベスト4進出を決めました。
初出場ウクライナは健闘しましたがついに準々決勝で姿を消しました。


ポルトガル 0−0 イングランド
(PK3−1)


前半は両チーム得点無し。

後半17分イングランドのルーニー選手が相手選手を踏みつけ
レッドカード一発退場!!
イングランドこの後10人で戦います。

しかし、1人少ない状況でもポルトガルの猛攻を耐え抜きます。
延長戦でも決着が付かずPK戦で決着を付けます。

1本目ポルトガルのシモン選手は成功。
イングランドのランバード選手はGKに止められ失敗
2本目ポルトガルのウーゴヴィアナがポストに当たって失敗。
イングランドはハーグリーブスは成功。
3本目は両チーム共外します。
4本目ポルトガルのポスティガ選手は成功。
イングランドのキャラガー選手はGKに止められ失敗。
5本目ポルトガルのロナウド選手が決めて試合終了。

GKリカルド選手が3人を止める大活躍でポルトガルが40年ぶりの
ベスト4進出です。

10人でPK戦まで持ち込んだイングランドでしたが及びませんでした。
ベッカム選手は代表キャプテンからは退く事になりました。
代表チームとしては残るそうです。


フランス 1−0 ブラジル

前半は両チーム無得点です。

後半12分ジダン選手のFKからゴール前にいたアンリ選手が右足で決めて
フランスが先制しました。

その後、ブラジルも必死の攻めを見せますがそのまま試合終了。
1次リーグ落ちの可能性があったフランスが決勝トーナメントになって
息を吹き返しました。
王者ブラジルの連覇を打ち砕き、前王者フランスがベスト4進出です。
ブラジルのロナウジーニョは今大会無得点。
祖国に帰った叩かれる事間違い無しですね。
これで南米勢は全滅。
欧州勢4チームが優勝を争います。


準決勝は以下の組み合わせです。
4日 ドイツ vs イタリア
5日 ポルトガル vs フランス



どこが優勝してもおかしくありません。
5日と6日は朝4時起きです。
見逃せません!!
しかし、4日は会社の都合で遅いので5日は起きれるか心配だ・・・
posted by ボヤッピー at 23:25| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

ドイツW杯 決勝トーナメント1回戦終了

イタリア 1−0 オーストラリア

前半は両者得点無し。
後半5分イタリアのマテラッツィ選手が
相手選手が抜け出すところをスライディング。
これが危険なプレーとみなされレッドカード!!
一発退場でイタリア1人少ない10人でプレーすることに。

このあと得点の無いまま、延長戦に突入するかと思った
ロスタイム、イタリアのグロッソ選手が
ペナルティエリアに突入。
オーストラリアのファウルを誘い土壇場でPK!!
トッティ選手が左隅に決めゴール!!
これが決勝点になり、イタリア勝利!!

名将ヒディング監督は延長戦に備え、1人しか交代選手を
使ってなかっただけにこのPKは痛恨!!
オーストラリア敗れました。


ウクライナ 0−0 スイス
(PK 3−0)


前後半とも両者決め手の無いまま延長戦へ。
しかし、延長でも決着がつかず今大会初のPK戦へ。

先攻ウクライナ1本目シェフチェンコ選手。
キーパーに止められ失敗。

しかし、この後スイス3人続けて外します。
対するウクライナは2人目、3人目と決めます。
そして、4人目のグセフが右足で決めて決着。

何とウクライナ初出場でベスト8進出です。
スイスは史上初の今大会無失点による敗退です。


ブラジル 3−0 ガーナ

前半5分、オフサイドラインぎりぎりでロナウド選手が
抜け出し、キーパーを抜いてそのままゴールへ。
ブラジルが先制しました。

このあと、ガーナの猛攻が前半終了まで続きますが
ロスタイム、ブラジルカウンター!!
カフー選手からのパスをアドリアーノ選手が走り込んで
大きい2点目。

後半36分ガーナのギャン選手、この試合2枚目のイエローで
痛恨の退場!!

39分ガーナ浅めのディフェンスラインからリカルジーニョがパス。
ゼロベルトが抜け出し、キーパーも交わし無人のゴールへ。
ブラジルダメ押しの3点目。

決定的なチャンスを逃さないブラジルが圧勝しました。


フランス 3−1 スペイン

前半27分フランスがペナルティエリア内でファウル!!
ビジャ選手が落ち着いてPKを決めスペインが先制。

41分ビエラ選手のワンツーからリベリー選手がキーパーを交わし
無人のゴールへ。フランス同点に追いつきます。

後半38分ジダン選手スペインゴール前に上げたボールを
DFがクリア。
そのボールをビエラ選手がヘッドで押し込みフランス逆転!!

ロスタイム、スペイン陣内でジダン選手がドリブル突破!!
フランスとどめの3点目!!

フランスが元王者の復活を見せつけベスト8進出です!!


続きを読む
posted by ボヤッピー at 23:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

ドイツW杯 決勝トーナメント1回戦開始

ドイツ 2−0 スウェーデン

前半4分ゴール前、クローゼ選手とGKイサクソン選手の一騎打ち。
イサクソンが止めるがこぼれ球をボドルスキ選手が決め
ドイツが先制。

12分クローゼ選手からのパスを受けて、ペナルティエリア外から
ボトルスキ選手がロングシュート!!
ゴール左隅に入り、ドイツ2点目。

2点を追いかけるスウェーデンですが、35分ルチッチ選手がこの試合
2枚目のイエローカードで退場。
スウェーデン痛恨の退場者が出ました。

後半6分ドイツペナルティエリア内でファウル。
スウェーデンPK。
蹴るのはラーション選手、しかしこれを外します!!
無常にもボールは大きく上に反れました。

この後はほぼドイツペースでこのまま試合終了。
開催国ドイツ、ベスト8進出です。


アルゼンチン 2−1 メキシコ

前半6分マルケス選手のゴールでメキシコ先制。

10分リメルケ選手のCKからクレスポ選手が右足で決め、
アルゼンチンが同点ゴール。

この後、一身一体の攻防が続き、前後半決着がつかず、
この大会初の延長戦に突入しました。

延長戦はどちらか点を取っても前後半15分ハーフで行ないます。
ゴールデンゴール(Vゴール)方式は獲りません

延長前半8分ソリン選手からのパスをマキシロドリゲスが
ボレーで決め、アルゼンチンが勝ち越し!!

このゴールが決勝点となり、アルゼンチンがベスト8進出です。


イングランド 1−0 エクアドル

両チーム決め手が無く、前半は0−0の同点で折り返します。

後半15分ベッカム選手がFKを直接ゴール左側に決めます。
イングランド先制!!

この後、エクアドルは反撃に出ますが、一歩及ばずそのまま試合終了。
イングランドが勝ちました。


ポルトガル 1−0 オランダ

1回戦屈指の好カード。
壮絶な生き残りを賭けたすごい試合になりました。

前半23分ポルトガルがクロス攻撃を仕掛け、最後はマニショ選手が決め
先取点を挙げます。

前半ロスタイム、ポルトガルのコスティーニャ選手がこの試合2枚目の
イエローで退場!!
ポルトガルは10人になり前半終了。

後半18分、オランダのブラールズ選手、この試合2枚目のイエローで
退場!!
33分ポルトガルのデコ選手、この試合2枚目のイエローでまたまた
退場者が!!
更に、6分の長いロスタイムにオランダのファンブロンクホルスト選手が
この試合の2枚目のイエローで4人目の退場!!

イエローカードが両チーム合わせて16枚。
W杯最多の4人の退場者が出たこの試合は結局両者決め手が無く試合終了。
ポルトガルが勝利しました。
しかし、勝ったものの準々決勝は出場停止の選手や怪我人も出て
代償の大きかった試合でした。

posted by ボヤッピー at 23:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

ドイツW杯 1次リーグ終了

F組
オーストラリア(1勝1分1敗) 2−2 クロアチア(2分1敗)
ブラジル(3勝) 4−1 日本(1分2敗)


日本が決勝トーナメント進出を果たすには
最低でも2点差以上の勝ちが必要です。

前半34分三都主選手からのパスを玉田選手が決め、
日本が選手点。

このまま、1点リードで折り返すかと思われたロスタイム
ロナウジーニョ選手からのボールをシシーニョ選手がヘッドで折り返し、
飛び込んだロナウド選手がヘディングでゴールを挙げる
日本DF陣はロナウド選手のフリーに全く気付かず同点に追いつかれて
前半を終了しました。

このショックが後半に響いたのか後半8分
ペナルティエリア外からジュニーニョ選手が直接決めます!!
ブラジル逆転!!

14分ロナウジーニョ選手からスルーパスを受けたジウベルト選手が
右サイドネットに決め、3−1.

更に、36分ファン選手がドリブルで全身。
パスを受けたロナウド選手が振り向き様シュート!!
日本DF陣何もさせてもらえず3点差。

結局、試合終了。
ブラジル3戦全勝でリーグ1位を決めました。
日本はリーグ戦最下位に終り、1勝も出来ずに1次リーグ敗退が
決まりました。


日本が先制しましたが、それからブラジルの個人技が炸裂。
あっさり逆転され、気がつけば3点差付けられての完敗。
実力の差を見せ付けられました。
ただ、前半1点リードで折り返せば、結果どうであれ違った形が
見られたかもしれません。

結果的に初戦のオーストラリア戦に逆転負けしたのが全てだったと思います。
あと、得点力不足プラスアルファ。
現状の日本では決勝トーナメントに進出出来る力は無いと思います。

ジーコ監督はこの試合で勇退します。
日本イレブンと共にお疲れ様と言いたいです。
今日午後、帰国します。


クロアチアvsオーストラリアは壮絶な点の取り合いとなりました。

前半開始2分クロアチアのスルナ選手がゴールを決め先制。

38分、ペナルティエリア内でクロアチア選手が痛恨のハンド!!
ムーア選手がPKを決め、オーストラリアが同点に追いつきます。
前半は1−1の同点で折り返します。

後半11分、コヴァチ選手がペナルティエリアすぐ手前よりシュート。
オーストラリアGKカラッツが止めたもの後ろに零しそのまま
ゴールネットへ。
クロアチア勝ち越しを決めます。

34分こぼれ球をオーストラリアのキューウェルが押し込み再び同点。

終了前は大荒れの展開になりました!!
40分クロアチアのシミッチ選手がこの試合2枚目のイエローカードで
退場!!
42分オーストラリアのエマートン選手がこの試合2枚目の
イエローカードで退場!!
ロスタイム、クロアチアのシムニッチ選手がこの試合2枚目の
イエローカードで退場!!
両チーム退場者3名が出るすごいゲームになりました。
しかし、イングランドの主審がシムニッチ選手のイエローは1枚目だと
勘違い。
そのままプレーを続ける事件が発生。
オーストラリアサポーターはブーイング。
そして、ロスタイム数分後にシムニッチ選手が主審に暴言を吐き、
3枚目のイエローで
退場になり、そのまま試合終了。
訳の分からない内に試合が終わってしまいました。

結局2−2の引き分け。
珍事が発生しましたが、オーストラリアが守り切り決勝トーナメント進出を
決めました。


続きを読む
posted by ボヤッピー at 07:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

ドイツW杯 1次リーグ最終戦始まる

1次グループの最終戦が始まり、半分を消化しました。
夜勤などでバタバタしてるので簡単に結果を書きます。

A組
ドイツ 3−0 エクアドル
ポーランド 2−1 コスタリカ

B組
イングランド 2−2 スウェーデン
パラグアイ 2−0 トリニダートトパコ

C組
アルゼンチン 0−0 オランダ
コートジボアール 3−2 セルビアモンテネグロ

D組
ポルトガル 2−1 メキシコ
イラン 1−1 アンゴラ



A組の全勝対決は開催国ドイツに軍配。
リーグ1位を決めました。

B組はスウェーデンはイングランドに引き分けて自力で決勝トーナメント
進出を決めました。
トリニダードトパゴはパラグアイに破れ、1点も取れずリーグ最下位に
終わりました。

C組の好カード、アルゼンチンvsオランダはスコアレスドローに
終わりました。
この結果、得失点差でアルゼンチンが上回り、リーグ1位を決めました。

D組はポルトガルはメキシコに勝ち、3戦全勝でリーグ1位を決めました。
メキシコは敗れましたがアンゴラが引き分けた為、決勝トーナメント進出を
決めました。


と言う訳で明日4時から日本vsブラジル戦です。
朝早いので早めに寝ます。

posted by ボヤッピー at 23:10| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

ドイツW杯 決勝トーナメント生き残りサバイバル

F組
ブラジル(2勝) 2−0 オーストラリア(1勝1敗)

G組
韓国(1勝1分) 1−1 フランス(2分)
スイス(1勝1分) 2−0 トーゴ(2敗)

H組
ウクライナ(1勝1敗) 4−0 サウジアラビア(1分1敗)
スペイン(2勝) 3−1 チュニジア(1分1敗)



F組はブラジル、H組はスペインが連勝で決勝トーナメント進出を
決めました。
G組はトーゴの予選敗退が決まり、上位3チームが2つの枠を
F組とH組は下位3チームが残り1つの枠を争います。

1次リーグは全チーム2戦を終了しました。
ここで決勝トーナメントに残る条件を簡単に纏めました。

続きを読む
posted by ボヤッピー at 00:15| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

ドイツW杯 日本決勝トーナメント進出の望み繋ぐ

F組
日本(1分1敗) vs クロアチア(1分1敗)


とにかく厳しい試合でした。
前半22分宮本選手がペナルティエリア内でファウル
PK戦になりました。
絶対絶命の大ピンチ!!
しかし守護神川口選手がスルナ選手のシュートを
なんと止めました!!

ものすごいスーパーセーブです。

日本は決定的なチャンスが後半6分にありました。
無人のゴールに柳沢選手が外す大失態!!

結局、両チーム無得点のまま試合終了。
川口選手が素晴らしいセーブで最悪の事態は免れました。
最終戦に望みを繋ぎましたが、苦しい事には変わり有りません。
日本とクロアチアは同じ勝ち点ですが、得失点差はクロアチアが
1点上です。
つまり日本は自力で勝っても1次リーグ敗退の可能性があります。

日本はブラジル戦に勝ち、かつクロアチアvsオーストラリアの
結果次第で決勝トーナメントに進出出来るかが決まります。

非常に厳しい条件ですが、失うものは何もありません。
何が起こるか分からないのがワールドカップ。
まず何が何でもブラジルに勝つしかありません。
そうすれば道は開けるはずです。

続きを読む
posted by ボヤッピー at 00:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

ドイツW杯 王者登場&1次リーグ突破第1号!

F組
ブラジル 1−0 クロアチア


前半44分ブラジルのカカ選手がゴール。
その1点を守り抜き、ブラジルが開幕戦白星を挙げました。
しかし、1点差ゲームなのでブラジルにしては物足りない気がします。
次戦は名将ヒディング率いるオーストラリア。
日本戦で終了10分で3点。
ひょっとしたら大きな波乱を呼び起こすチームの1つの予感がします。
ブラジルは油断をすると大きな落とし穴が待っているだけに
ここで1次リーグ突破を決めておきたいところです。

クロアチアも日本同様負けは許されませんが
実力のあるチームなのでまだまだ1次リーグ突破の望みはあります。
日本が1次リーグ突破したら、まさしく奇跡です。
失うものはありません。
思い切ったプレイをして下さい。

続きを読む
posted by ボヤッピー at 00:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ドイツW杯 アジアのライバル明暗分かれる

G組
韓国 2−1 トーゴ


前半はトーゴペース。
31分にカデルクバジャ選手がゴールを決めて先取点。
韓国も日本同様前評判は良くないと聞いてます。
このまま終わるかと思ったのですが
韓日開催ベスト4の立役者アンジョンファン選手を投入してから
流れが大きく変わります。

後半8分アバロ選手ファウル!!
2枚目のイエローで退場!!
トーゴは10人になりました。
直後のFKでイチョンス選手が直接決めて同点!!

27分アンジョンファン選手のミドルシュートが左隅へ!!
韓国逆転!!

以降は完全に韓国ペース。
ロスタイムに入ってからもトーゴにボールを与えず試合終了。
韓国逆転勝ちでアジア勢初勝利です。

韓国はトーゴ相手でも逆転出来る力を持ってますね。
むしろ、監督辞任したり復帰したりゴタゴタのチームに負けたらそれこそ恥!!
アンジョンファンも相変わらずすごいプレーを見せつけます。
最後は安心して見られました。
次回はフランス戦。
勝つのは容易では無いけど番狂わせ期待してます。

それに比べて日本は・・・
今、BSニュース見たけど、クロアチアは日本を完全に雑魚扱いされてます。
あんな試合しちゃねぇ。
特に3点目は救いようの無い失点ですからね。
期待はしてませんが良い意味で裏切って勝利して欲しいです。
韓国の様にね、期待はしてないが。

続きを読む
posted by ボヤッピー at 00:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

ドイツW杯 日本最悪最低のW杯初戦

F組
日本 1−3 オーストラリア


ついにこの日がやって来ました!!
日本代表のW杯初戦です。
せっかくなので出来るだけ詳細を掲載します。

前半立ち上がり、中田英選手がファールを誘いいきなりのFK。
中田英選手がおとりになり、中村俊輔選手がシュート!!
ここはオーストラリアのDF陣の壁に阻まれます。

5分オーストラリアのヴィドゥカ選手が決定的なシュート2連打!!
GK川口選手が必死のセーブ!!
本当に危ない場面でした!!

21分高原選手のシュート!!
惜しくも左に外れました。

24分ヴィドゥカ選手がまたも強烈なシュート!!
川口選手がまたも好セーブ!!

25分中村俊輔選手のセンタリング。
ゴール前でもつれて誰も取れず、こぼれ球がそのままゴールへ!!
日本が思わぬ形で先取点を挙げました!!


30分宮本選手ファウル。
反スポーツ的行為とみなされイエローカード。

33分柳沢選手ドリブルからのシュート!!
これは右に反れました。

39分高原選手にオーストラリアの遅延行為とみなされイエローカード。

40分オーストラリアのブレッシアーノ選手のシュート!!
わずかに右に反れました。

前半終了、1−0日本のリード。

後半開始。
7分オーストラリア選手交代
MFウィルクシャー選手→MFケーヒル選手

9分DF坪井選手右足に故障発生。
DF茂庭選手に緊急交代。

11分ムーア選手ファウル。
反スポーツ的行為とみなされイエローカード。

15分オーストラリア選手交代。
DFムーア選手→FWケネディ選手
3トップにして、勝負に出ます。

23分茂庭選手ファウル
オーストラリア、ペナルティエリア付近のFK
ヴィドゥカ選手の強烈なシュート!!
川口選手が渾身のセーブ!!
日本のゴールを死守しました!!
このプレーでケーフル選手がイエローカードを取られました。

29分
オーストラリア
ウイルクシャーア→ロウィーシャ選手

30分日本のカウンター!!
惜しくもキーパーに止められました。

32分中澤選手に対して反スポーツマン行為により
アロウィーシ選手イエロー。

33分日本選手交代
柳沢選手→小野選手

38分
アロンシシュート!!
またも川口選手が両手で止めました。

39分ケーフル選手がゴール・・・
日本痛恨の失点!!
オーストラリアが同点に追いつきました!!


42分福西選手ドリブルからのシュート
惜しくも左に外れました。

43分ケーフル選手逆転のゴール・・・

45分日本選手交代
茂庭選手→大黒選手
ロスタイム3分に賭けました。

47分アロイジ選手3点目のダメ出しゴール・・・

・・・以下詳細放棄します


最後まで試合を見るつもりでしたが
ここで僕はチャンネルを変えました。

ショックを通り越して、逆にここまで来ると返って気持ち良いくらいの
負けっぷりです。
感想や選手のコメントも書くつもりでしたがやめます。
日刊スポーツはあまりの悔しさに3点目の詳細を飛ばしてます。
仕事放棄してるよ。。。

オーストラリアの選手はタフです。
敵ながらあっぱれです。
誰だよそのうちスタミナが切れるって言ったの。

では、明日仕事なので追記を書いたらさっさと寝ます。

続きを読む
posted by ボヤッピー at 00:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(5) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

ドイツW杯 大番狂わせでBグループ混戦

B組「イングランドvsパラグアイ」
前半4分イングランドMFベッカム選手のセンタリングを
パラグアイDFガマーラの顔面に当たってしまいオウンゴール。
イングランドが先制しました。
この後、両者チャンスがあったものの得点に至らず前半終了。
後半に入っても得点は入らず試合
1−0イングランドが勝ちました。
結局試合開始直後のオウンゴールで勝負は決まりました。
もう少し盛り上がって欲しかったです。

B組「スウェーデンvsトリニダード・トバコ」
前半はスウェーデンが圧倒的な攻めを見せるが
得点に至らず前半終了。
後半開始直後、トリニダードのAジョンが2枚目のイエローで退場!
1人減りスウェーデン圧倒的有利に見えました。
しかし、スウェーデンは何度も決定的チャンスがあったにも
かかわらず、得点出来ません。
一方、ほとんど守りに入っているトリニダードは得点を許しません。
そして、そのまま試合終了!!
0−0のドロー!!
早くも出ました!!今大会初の大番狂わせ!!
初出場のトリニダード・トバコがスウェーデン相手にしかも10人で
守り切りました。

一方、大恥を描いたスウェーデンは優勝候補どころか予選落ちの危機に
立たされました。
ひょっとしてBグループも死の組になるかもしれません。

C組「アルゼンチンvsコートジボアール」
前半24分FKの競り合いの中からクレスポが決めて、
アルゼンチンが先制しました。
38分スルーパスからクレスポ選手がオフサイドラインギリギリで
抜け出し、アルゼンチン2点目。
前半終了し、後半開始してからも大きな動きがないまま
37分ゴール前の連係からドログパ選手が入れて
コートジボアールが1点返します。
直後にアルゼンチンのロドリゲス選手が勝ち越しゴールかと思ったが
オフサイド。
この後、コートジボアールは攻め続けるが決定打が無いまま試合終了。
2−1アルゼンチンが逃げ切りました。
posted by ボヤッピー at 05:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

ドイツW杯開幕

ついに開幕しました。
4年に1度のサッカーW杯
約1ヶ月に渡り、熱い戦いが繰り広げられます。

開幕戦予選Aグループ2試合が行なわれました。
開幕戦は地元ドイツvsコスタリカ
試合開始6分にドイツDFラーム選手が強烈なロングシュート!!
右上ゴールをきめ先制。
しかし、12分コスタリカのFWワンチョベ選手がオフサイドライン
ギリギリからカウンターそのままゴールを決め、試合は振り出し。
17分連係プレーからドイツのFWクローゼ選手が決め2点目のゴール。
その後、得点は動かず前半終了。
後半16分クローゼ選手がまたも決め2点差。。
後半28分、コスタリカまたもオフサイドラインギリギリからのカウンター
またもワンチョベ選手がゴール1点差にします。
後半42分ドイツのFKから強烈なシュートを決め、再び2点差。

4−2で地元ドイツが開幕戦を制しました。
さすが、ドイツですがカウンターなど守備面では課題が残りますね。

もう1試合のポーランドvsエクアドル2−0でエクアドルが勝ちました。
ポーランドは2回ポストに泣かされましたね。
posted by ボヤッピー at 21:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

W杯開幕直前 日本vsマルタ

いつもはスポーツ紙のネットで結果を見て済ませるが
今日は久しぶりに後半から生中継を見ました。

前半は玉田選手が決めたゴールで1−0日本リード。
後半も得点のチャンスがありましたが決められません。
結局1−0で試合終了。
マルタは決して弱いチームではないのですが
せめてあと1点が欲しかったです。
ドイツ戦で引き分けに持ち込んだのですから
今日は不満点が多いですね。
カウンターから危ないシーンもあり、課題が残ったまま
W杯を迎える事になりました。

後は信じるしかありません。
ジーコジャパンの集大成です。
良い結果を期待しています。

次回はいよいよW杯本番!!
6月12日オーストラリアと対戦です!!
posted by ボヤッピー at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

W杯直前!開催国と親善試合

W杯もついにあと10日を切りました。

そんな中、昨日日本代表は開催国ドイツと対戦しました。
後半高原選手が2点入れましたが課題のセットプレーで追い付かれ
結局2−2の引き分けに終りました。
得点力不足は克服しそうなもののセットプレーが…。
負けに等しい引き分けに僕は思います。
本番まで2週間を切りました。

マルタの親善試合が終わるとついに本番!!
果たして問題点を克服して予選リーグを突破出来るのか注目です。
posted by ボヤッピー at 21:50| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

ドイツW杯日本代表決定

いよいよW杯も1ヶ月を切りました。
今日、日本代表選手23名が決定しました。
メンバーはスポーツ新聞等に載ってるので割愛します。

中村俊輔選手(セルティック)が選ばれました。
4年前は確実に選ばれたのにトルシエ前監督に切られました。
あの決定には納得いかないファンも多かったと思います。
ドイツでは活躍する事を願います。

反対に久保竜彦選手(横浜M)は残念ながらまたも選ばれなかったですね。
まあ今のコンディションの状態なら仕方ないかもしれませんが
本人は相当悔しいでしょうね。

マスコミは1次リーグを突破するとお祭り騒ぎ気味ですが
予選突破どころか1勝すら出来るか疑問です。
現にキリンカップの最下位に終わってますし
もちろん試合はやってみないと分かりませんが
日本イレブンが活躍出来る事を期待しています。
posted by ボヤッピー at 23:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

トヨタカップ決勝&3位決定戦

3位決定戦
サプリサ(コスタリカ)3−2アルイティハド(サウジアラビア)

前半の途中から見たが既に両チーム1点ずつ入れてました。
後半アルイティハドがPKで勝ち越し、その後は動きが無く
このまま決まると思われた。
しかし、終了5分前に決めた後、サプリサがPKで同点。
その直後、ゴメスが強烈なFKを決めて逆転!!
サプリサ3位を決めました!
アルイティハドはモンタシャリの一発退場が流れを
大きく変えてしまったか・・・


決勝
サンパウロ(ブラジル)1−0リバプール(イングランド)

前半でミネイラが決め、サンパウロが先取点。
後半はリバプールの怒涛の攻撃!!
鬼のようなシュートを打つがGKロジェリオが神がかり的な
好セーブを連発!!
さらにオフサイドに阻まれ、幻ゴールが2本など運に見放された。。。
試合はそのまま終了!サンパウロが優勝!
おめでとうございます!

ただ、試合内容は正直準決勝のほうが面白かったです。
出来れば延長をやって欲しかったのですが自分としては
不完全燃焼で終わった感じです。
来年も日本開催が決まってます。
決勝以外は客席ガラガラだったけど来年が本当に最後になるのかな?

何にしても日テレの中継はもうこりごり・・・
ケーブルテレビも中継して欲しい。
posted by ボヤッピー at 21:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。