2006年11月13日

アジアシリーズと日米野球

プロ野球アジア最強のチームを決めるアジアシリーズは
日本代表の日本ハムが予選を含め無敗でアジアの頂点に立ち、
かつての本拠地で優秀の美を飾りました。

昨年のロッテに続いての制覇です。
全勝優勝とはいえ台湾リーグを圧倒的な強さで制した
ラニューも大健闘でした。
予選・決勝共に1点差ゲーム。
流れが違っていたらラニューが優勝していたかもしれません。
来年以降が楽しみです。

また、地上波は番組の途中で終了する局が続出。
日本戦以外は放送なし。
アジア最強のチームを決める大会なのだから
もっと注目されていいと思います。

逆に72年ぶりの日本全敗で終わった日米野球は
日本代表選手辞退者続出なので無理にやることはないと
思います。
交流試合とはいえ日程的にも無理がありますしね。

日米野球とアジアシリーズの結果は追記の通りです。
今回、試合詳細は省略します。ご了承下さい。

続きを読む
posted by ボヤッピー at 22:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

日ハム、本拠地札幌で日本一決める!!

日本シリーズ第5戦の日本ハムvs中日が
札幌ドームで行なわれ、4−1で日本ハムが勝ち、
4勝1敗、第2戦から4連勝で日本一を決めました。

日ハムの日本一は44年ぶり2度目。
札幌移転わずか3年で頂点に立ちました。

今頃、北海道各地特に札幌市内は大騒ぎになっている事でしょう。
今年は駒苫フィーバーだけでなく日ハムフィーバーも
起こりました。

まだ日ハムが東京ドーム時代、暇つぶしに試合を
見たときは優勝する事なんてないと思ってました。
自分の故郷で優勝なんて夢出来事でしたが
現実のものになりました。

ヒルマン監督はまたも「シンジラレナーイ!!」
発言が出ました。
本当におめでとうございます!!!

一方、中日はまたも日本一を逃しました。
初戦は制したものの、2戦目以降は打線が沈黙しました。
得点力不足が最後まで響いてしまいました。
ナゴヤドームに戻る事なく今年のシーズンを終了しました。
セリーグ全体、元気がないように思えます。
来年からプレーオフが始まるので、パリーグに負けない
活気を見せて欲しいです。

そして、この試合が引退試合になる新庄選手は
8回裏の打席からずっと号泣。
阪神やメッツ時代を含め、今までの野球人生を
振り返ったのでしょうか。
本当にお疲れ様でした。

MVPは日本ハムの稲葉選手が受賞しました。
次は日本代表としてアジアシリーズで
かつての本拠地東京ドームに戻ります!!
試合に見に行こうかなぁ・・・


※第3戦〜5戦の詳細は後日追記で修正します。
posted by ボヤッピー at 22:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

2006日本シリーズ開幕

セリーグ覇者中日ドラゴンズvs
パリーグ覇者日本ハムファイターズの
日本シリーズが開幕しました。
第1、2戦はナゴヤドームで行なわれました。

【第1戦】。
中日 4−2 日本ハム


2回表、中日谷繁選手のタイムリーヒットで
2点を先制します。

しかし、3回表日本ハムセギノール選手の
タイムリーヒットと新庄選手の犠飛で同点に
追いつきます。

その裏、中日は井上のタイムリーヒットで
勝ち越しました。

4回以降は得点なしでしたが
8回裏に中日のアレックス選手が
タイムリーヒットで待望の追加点。

投げてはエース川上投手が4回以降立ち直り好投。
最後は抑えの岩瀬投手が締め、中日が先勝しました。
ペナント後半からプレーオフ第2ステージで大活躍した
ダルビッシュ投手でしたが及びませんでした。


【第2戦】
日本ハム 5−2 中日


日本ハムは1回表セギノールのタイムリーヒットで1点を
先制します。
しかし、その裏、中日井端のシリーズ1号ソロ本塁打で
同点にします。

中日は4回、福留選手が今シリーズ初安打となるソロ本塁打で
勝ち越します。

1点を追う日本ハムは7回に金子のタイムリーで2点を取り逆転。
さらに8回にはセギノールが2点本塁打を放つ。
日本ハムは先発八木投手から中継ぎの武田久投手、
リリーフのマイケル投手とつなぎ、1勝1敗のタイに
持ち込みました。
先発山本昌投手は2回以降6回まで無失点と好投したが
7回に打たれ降板しました。

中日、本拠地で連勝ならず!!
1勝1敗のまま舞台は札幌ドームへ移ります。
第3戦は24日です。
posted by ボヤッピー at 01:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

日ハム25年ぶりのパ制覇!!

パリーグプレーオフ第2ステージは
日本ハムファイターズが2連勝で
25年ぶり3度目の優勝を本拠地
札幌ドームで決めました!!


ダルビッシュ投手の完投勝利で第1戦は
日本ハムが勝利し優勝に王手を賭けました。
第2戦は日ハム八木投手、福岡ソフトバンク
斉藤和投手の投げあいで0−0の投手戦のまま
9回裏をむかえます。

四球や敬遠などで二死一二塁から
稲葉選手が打ち、二塁ホースアウトを
狙いますがセーフ!!
その間にセカンドから森本選手が一気に
ホームへ駆け込みサヨナラ!!
(記録は内野安打)
日ハムの優勝が決定しました!!

初めて胴上げされた直後のヒルマン監督の
最初の一言は「シンジラレナーイ!!」
自分も地元北海道に本拠地を移して
3年で優勝するとは夢にも思わなかったです。
本当におめでとうございます!!

一方、ソフトバンクはこれで3年連続
第2ステージで敗退です。
福岡ドームに行く事なく終わってしまいました。
でも斉藤和選手は良く投げました!!
来年こそは静養中の王監督と今度こそ
死に物狂いで優勝を狙ってくるでしょう。

それにしても北海道の野球ファンは関心が高いです。
第1戦の瞬間視聴率は40%を超えた模様です。
今日は優勝を決めたのでそれ以上の数字が出る事は
間違いないでしょう。

セリーグ覇者中日ドラゴンズと対戦する
日本シリーズは21日、ナゴヤドームから
スタートです!!
posted by ボヤッピー at 21:30| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

ドラゴンズ優勝決定!!

東京ドームで巨人との対戦。
3−1と中日がリードしてましたが、
7回に高橋由選手と小久保選手の連続ソロホームランで
同点に追いつかれ延長戦に突入しました。
引き分けの場合はこの日の優勝はない中日は12回表
一死満塁から福留選手のタイムリーヒットで勝ち越し!
そしてウッズ選手が満塁ホームラン!!
優勝にとどめを差したグランドスラム!!
その後、さらに1点を追加してこの回6点!!
12回裏、巨人はノーアウトからランナーを出しましたが
岩瀬投手はこの後、3人を押さえ試合終了!!

セリーグは中日ドラゴンズが2年ぶりに
ペナントレースを制しました!!

8月12日から「M40」が点灯して、
一度も消える事なく順調にマジックを減らしました。
独走態勢の中、昨年の覇者阪神だけは追い上げを
見せていましたが、惜しくも及びませんでした。
しかし、阪神も精一杯頑張ったと思います。

前回の優勝は負けて胴上げ。
今日は文句無し勝って胴上げをしました!!
試合終了後は落合監督は優勝インタビューで
感極まって号泣しました。
敵地なのに大勢のドラゴンズファンで一杯でした。
日本シリーズはパリーグのプレーオフ第2ステージの勝者と
対戦します。
今度こそ、日本一になるか!?

続きを読む
posted by ボヤッピー at 01:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

ペナント争い大詰め

パリーグは今期のレギュラーシーズンを全て終了しました。
ソフトバンク・西武・日本ハムの1位争いは最後まで白熱しました。
まずソフトバンクがオリックスまさかの3連敗で脱落。
3位確定です。
3年連続でレギュラーシーズン首位だけに絶対有利と思われたが
プレーオフは全て敵地の試合。
あまりにも痛い連敗、しかも最終戦まで6連敗。
最悪の結果になったが逆境を乗り切り頑張るしかありません。

西武は26日にエース松坂選手の乱丁で昨年王者の
ロッテに完敗。土壇場で首位転落。
これが非常に痛い黒星となり、2位確定となりました。

レギュラーシーズン優勝したのは27日。
制したのは日本ハムでした。
万が一日本ハムが敗れ、西武が勝つと、1厘差で西武が
レギュラーシーズン優勝となる大一番でした。
そんな重圧に負けること無く、ソフトバンクに勝利しました。
北海道は駒大苫小牧に続くフィーバーぶり。
NHK札幌ローカルで中継した視聴率は25・7%を記録しました。
瞬間最高は優勝決定の33.3%でした。

最後は一足早い新庄選手の引退セレモニーが行なわれました。
ユニホームを「1」から阪神時代の背番号「63」に
変えた新庄選手。
グラウンドにユニホーム、帽子、グラブを置き、去りました。
脱いだTシャツには「今日、この日、この瞬間を心のアルバムに
刻んでこれからもオレらしくいくばいっ!」
と書いてました。
一言も口にせずに涙で去っていった新庄選手に一部の観客は
号泣してました。
素晴らしいセレモニーでした。
しかし、プレーオフもありますし、優勝すれば日本シリーズも
あります。
新庄選手のプロ最後の試合はあと少しだけ見られます。
記憶に残る野球をあと何回見られるのか楽しみですね。


プレーオフは以下の日程です。
断然有利になった日本ハムがプレーオフを制するかが
ポイントです。

西武(2位)vsソフトバンク(3位)
10月7〜9日(全3戦)
※先に2勝した時点で終了、勝者は日本ハムと対戦。

日本ハム(1位)vs西武・ソフトバンクの勝者
10月11、12,14,15日(全4戦)
※先に3勝した時点で終了、
勝者はセリーグ優勝チームと対戦。
但し、日本ハムは1勝のアドバンテージ


尚、全てドームで行なうので雨天順延はありません。

続きを読む
posted by ボヤッピー at 01:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

歴史的決勝戦幕を閉じる

決勝(再試合)
早実(西東京)4−3 駒大苫小牧(南北海道)
※早稲田実業は夏初優勝


早実は齋藤佑樹投手、駒苫は田中将大投手ではなく
2年生の菊地翔太選手が先発。
1回裏、早実小柳竜巳選手の2塁打などで先取点。
駒苫は早くも田中投手に交代、後続を抑えました。
2回裏、早実川西啓介選手の2塁打。四球のランナーが返り2点目。
6回表、駒苫三谷忠央選手のソロホームランで1点差。
しかし、その裏早実白川英聖選手の2塁打。四球のランナーが
返り再び2点差。
さらに、7回裏後藤貴司選手の勝ち越し安打で4点目。
9回表、3連覇の意地を見せる駒苫は中澤竜也選手の
2ランホームランなど土壇場で1点差。
しかし、齋藤選手が気迫のピッチングで本間篤史選手を三振。
最後は田中投手を三振に仕留めゲームセット。
2日間に及ぶ歴史的試合を早実が制して優勝を決めました。


今大会は球史に残る試合がかつてない程ありました。
その中でもこの決勝戦は歴史に残る2日がかりの試合でした。
地元駒苫は惜しくも敗れ、3連覇の夢も散りましたが
勝ち負け関係なく、素晴らしい試合でした。

早実は本当にすごい!!
特に齋藤投手は4連投にも関わらず、最後は140キロ台の剛速球を
投げました。
明治神宮大会のリベンジと夏の初制覇を胸に意地を見せました。
スタミナと集中力、強靭な精神力そして勝ちたい気持ち
これが全て無ければ優勝は無かったと思います。

しかし、負けた駒苫もなお強し。
あそこまでやらないの勝てないのかと。
夏3連覇は出来なかったけど、
3連連続決勝でもとんでもない快挙です。
あの桑田・清原のKKコンビといわれたPL学園でさえ出来なかった
夏2連覇を達成したのですから。
それも先輩の不祥事で春のセンバツを辞退したときはもう終わったと
思ったのにここまで来るとは正直思ってなかったです。

両チーム共、本当に心から感動をありがとうと言いたいです。
こんな歴史的な試合は当分無いでしょう。
それほど、ものすごい2日がかりの決勝戦でした。

今、プロ野球は低迷してますが、こんなすごい試合が増えれば
人気は絶対復活します。
話題ばかりでは客は増える訳ありません。
まずは日本シリーズも世紀に残る名勝負を見せて欲しいです。

そして、休む間もなく25日に日米親善野球の選抜チームに選ばれ、
齋藤投手と田中投手が再会。
隣合わせでピッチング練習を行ないました。
練習後のインタビューでお互いの実力を認め合いました。
駒苫の本間選手や早実の後藤選手など日本選抜チームは
29日に渡米。計5試合の親善試合が行なわれる予定です。
アメリカでの活躍も期待しています。
posted by ボヤッピー at 21:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

近年まれにみる壮絶な試合!決着は明日に持ち越し

決勝
駒大苫小牧(南北海道)1−1 早実(西東京)
※延長15回規定により引き分け再試合


まさか引き分け再試合の文字を打つ事になるとは夢にも
思ってなかったです。
駒苫田中将大投手と早実齋藤祐樹投手の投げ合いで
1点を争う試合となりました。
今大会は乱打戦・逆転劇など打線が活躍する展開が
多かったがこの試合は数少ない投手戦になりました。

8回表に駒苫三木愁也選手のホームランで均衡を破りました。
しかし、その裏早実桧垣皓次朗選手の二塁打から
後藤貴司選手の犠牲フライで同点。
この後、両チーム共にチャンスはありましたが、
両投手の力投により、あと一打が出ず、最後まで決着つかず
引き分け再試合になりました。

決勝戦の引き分け再試合は松山商vs三沢(当時は延長18回)
以来37年ぶりになります。
試合してる選手はもちろんですが見ているほうも疲れました。
両ナインに本当にお疲れ様と言いたいです。
本当に素晴らしい試合でした。

駒苫とは故郷北海道、早実とは近隣県。
正直、両校優勝にして欲しいくらいですが、明日再試合です。
ここまで来たら、どちらか気持ちが折れたほうが負けでしょう。
決着がどういう形であれ、球史に残る試合になりました。
今日のような素晴らしい試合を期待しています。

明日は会社なので生で見れないのが残念です。。。
ネットで随時結果を見たいと思います。
posted by ボヤッピー at 17:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

ついにリーチ!!

準決勝
駒大苫小牧(南北海道)7−4 智弁和歌山(和歌山)


1点先制した智弁でしたが、駒苫は1回裏に
本間篤史選手の三塁打などで4点を入れ逆転。
しかし、2回に智弁が古宮克人選手の二塁打などで
1点差にしたところで駒苫エース田中将大選手に
早くもリリーフ。
いきなり1塁ランナーを差す好プレーなどでピンチを
切り抜けました。
その後、両チーム1点ずつ入れます。
5回裏、駒苫は智弁の暴投などで3点入れます。
田中投手は5回以降智弁打線を封じ込め、
8回のピンチも振り切り、9回は3人で抑え
ゲームセット。
駒苫が3年連続の決勝進出で夏3連覇に王手をかけました!!

北海道勢は和歌山勢に10戦目にして夏初勝利です。
(春は北海道の4勝3敗)


早実(西東京)5−0 鹿児島工(鹿児島)

早実は1回に後藤貴司選手の3ランホームランで先制。
1回戦から1人で投げてる齋藤祐樹投手が鹿工打線を
毎回の13奪三振で完全に封じ込め、見事な完封勝ち。
26年ぶりの決勝進出を決めました。


明日はついに決勝戦!!
駒大苫小牧vs早実

駒苫73年ぶりのV3なるか?
それとも伝統校がその夢を打ち砕くか?
全ては駒苫田中投手と早実齋藤投手にかかると思います。
齋藤選手は3連投になりますが疲れはない様に感じます。
1回戦から危なげなく勝ち進んだ早実。
度重なる逆転勝ちを見せる駒大苫小牧。
いよいよ明日決まります。
posted by ボヤッピー at 23:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

ベスト4出揃う!!

準々決勝
駒大苫小牧(南北海道) 5−4 東洋大姫路(兵庫)
智弁和歌山(和歌山)13−12 帝京(東東京)
早実(西東京)5−2 日大山形(山形)
鹿児島工(鹿児島)3−2 福知山成美(福井)



4回終了時点で林崎選手のホームランなどで東洋大姫路が4点リード。
しかし、6回裏に駒苫が本間選手の三塁打などで一気に同点。
7回裏三谷選手の内野安打で勝ち越し!!
駒苫またも逆転でベスト4進出です!!


先程スコアを見ましたが駒苫以上の超大乱打戦!!
特に9回は帝京が沼田選手のホームランなど打者一巡の集中打で
8点取って大逆転!!
4点リードで普通なら勝負ありと思われたが、その裏信じられない悲劇が!!
未経験の帝京リリーフ陣3名が勝ちを急ぎすぎた動揺から
四球や死球などで一気に同点!!
満塁から最後は痛恨の四球押し出しサヨナラで決着!!
恐るべし智弁和歌山!!この試合は見たかった!!
この試合は球史に残る名勝負でしょう!!


日大山形が1点リードで迎えた8回裏早実は集中打で4点取り逆転!!
勝負をつけました。


鹿工vs福知山は延長戦に突入。
10回表鮫島選手のホームランが決勝点でした。
初出場でベスト4進出です!!


準決勝の組み合わせ
駒大苫小牧vs智弁和歌山
早実vs鹿児島工


駒苫の相手はその歴史的試合を制した智弁和歌山!!
3連覇に向けて最大の試練です。
名門校を打ち破るか!!
posted by ボヤッピー at 23:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

王者の底力

3回戦
駒大苫小牧(南北海道)10−9 青森山田(青森)


今日は生中継で見ました。
4回表で6点差ついたときは負けたと思いました。
しかし、駒苫は最後まで勝ちにこだわり
ジワリジワリと点差を縮め、8回裏に同点に追いつきました。
青森山田も8回表と9回表に1点ずつを入れているのです。
普通なら勝負を決めてます。
そんな状況でも勝負をひっくり返したのですから本当に
すごいの一言です。

駒苫田中将人投手は3回から登板しましたが今日も本調子からは
遠かったです。
しかし、その分打線が爆発しました。
夏3連覇に向けてエンジンのかかった大きな1勝です。

駒苫相手に生半端な精神力では勝てません。
それを象徴したゲームだったと思います。
posted by ボヤッピー at 11:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

苦戦も初戦突破

今日までの試合をいくつかピックアップします。

2回戦
駒大岩見沢(南北海道)5−3 南陽工(山口)


最初4点リードしたときは順当かと思いましたが
エース田中将大投手が調子が悪いのか制球が悪く1点差まで追いつかれました。
しかし、7回に貴重な1点が入り、逃げ切りました。
何とか王者の意地を見せました。


青森山田(青森)7−0 延岡学園(宮崎)

野田雄大投手が延岡打線を完璧に押さえて、今大会初の完封勝ちです。
3回戦は駒苫と珍しい北海道青森対決です。
勢いがあるだけに油断すると番狂わせが起こるかもしれません。


早実(西東京)11−2 桐蔭学園(大阪)

春夏連覇の夢を打ち砕いた横浜に勝った桐蔭がまさかの2回戦敗退。
しかも、9点差の大敗です。
早実のエース斎藤佑樹投手が毎回の12奪三振を記録しました。
posted by ボヤッピー at 21:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

早くも・・・

夏の高校野球が開幕しました。
開幕ゲーム、北北海道代表白樺学園は高地代表高知商
に2回に4点差としていきなりの大物食いかと思いましたが、
高知商も負けじと点を取り乱打戦になりました。

そして6回裏前田選手のホームランなどで逆転。
8回にも追加点を上げて、10−7高知商が勝ちました。

白樺学園善戦しましたが初戦敗退です。
本来なら勝ってもおかしくないゲームでしたが
相手が悪すぎました。
地方大会決勝で明徳義塾の打ち合いに勝っただけの事はあります。

また、春のセンバツ優勝校神奈川代表横浜は昨年夏のベスト4
大阪代表大阪桐蔭11−6で敗れました。
横浜も初戦敗退です。。。
2−2のタイゲームから大阪桐蔭は7回に4点、8回に5点を入れ
一気に勝負を決めました。
横浜は9回に3点返しましたが差が付き過ぎました。
これも相手が悪かったです。

僕の押しは3校でしたが初日で早くも2校が終わってしまいました。
僕は厄病神なのでしょうか。。。
後は夏3連覇のかかる南北海道代表駒大苫小牧にかけます。
posted by ボヤッピー at 23:50| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

高校野球組み合わせ決定

ついに発表されました。

北北海道代表の白樺学園はいきなりの開幕試合!
高知商の対戦です。
開会式終了直後の試合なので注目度は高いと思います。
しかも日曜日!
これ以上のお膳立てはありません。
大物食いを全国にアピールして欲しいです。

春夏連覇を目指す神奈川代表横浜は
いきなり大阪桐蔭とぶつかります!!

早くも優勝候補同士の潰しあいです!!
しかも初日第3試合です。
初日は絶対に見逃せません!!

そして、夏3連覇を目指す南北海道代表の駒大苫小牧は
3年連続で2回戦から登場です。
相手は山口県代表の南陽高です。
実績から駒苫が圧倒的に有利ですが何が起こるか分かりません。
油断だけはしないで欲しいです。
そうすれば順当に勝ち上がるでしょう。

尚、選手宣誓は抽選で三重の中村浩樹主将に決まりました。
posted by ボヤッピー at 23:25| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

大本命順当勝利

夏の高校野球南北海道大会は決勝が行なわれて
駒大苫小牧が11−1で札幌光星に勝ち、
4年連続6度目の全国大会出場を決めました。
公式戦の連勝記録は「44」に伸ばしました。
中京商以来、史上二度目の夏3連覇に挑みます。
不祥事があり、春のセンバツは辞退しただけに再び汚名挽回です。
しかし、トラブルを起こすたびに強くなってる気がするのは
気のせいでしょうか。
posted by ボヤッピー at 23:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

ファンの思いが通じた解散撤回

「茨城ゴールデンゴールズ」の監督欽ちゃんこと萩本欽一さんが
チームの一員であるお笑いタレントの不祥事の責任を取りチームを
解散する事を19日に表明しました。
まさか解散宣言が出るとは誰も予想しなかったでしょう。
今回の一件はチームの1人が行なった事です。
チームの大半が事件に関わってたとかなら話しは分かりますが
関係の無い人まで野球をする環境を奪われたりするなど影響が大きく
やり過ぎだと思います。

しかし、地元ファンや署名活動によりチーム在続の声が多く、
今日、解散を撤回する発言がありました。

僕は欽ちゃんの気持ちも分かるけど1人で野球をしている訳で
ないので正直ここまで騒ぎを大きくした事には残念に思います。
しかし、これを機に解散を撤回すればチームと監督の絆が
深まった気がします。
posted by ボヤッピー at 03:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

久々に高校野球

記録的な大雨で各地で日程が大幅に遅れています高校野球地区予選。
僕の地元北海道のうち北北海道大会の決勝が行なわれ
白樺学園が遠軽を9−1で下し、甲子園初出場を決めました。
白樺学園といえば夏3連覇を目指す駒大苫小牧を昨年公式戦で2度勝った
「駒苫キラー」で有名です。
実力ある高校だけに期待大です。

尚、南北海道大会ですが駒大苫小牧は道順調に勝ち進みベスト4進出です。
posted by ボヤッピー at 23:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

また衝撃!WBC優勝監督も腫瘍・・・

久々に野球の話題。
WBC以来、プロ野球は見ておらずたまに順位表を確認するくらいです。
巨人のベース踏み忘れでホームラン取消などすごい堕ちっぷりしか
知らないのですがそんな中、大変なニュースがありました。

優勝したWBC日本代表監督でソフトバンクの王貞治監督が
胃腫瘍による手術の為、当分の間休養する事になりました。

西武戦後の記者会見で本人が明らかにしました。

またも衝撃的です。
小橋選手の腎腫瘍で当分欠場の記事を書きましたが
王監督も胃ガンの可能性があるという事でしょうか?

ソフトバンクは監督抜きで3年ぶりの優勝を目指します。
お見舞い代わりの優勝を何としても手に入れたい所でしょうね。
一日も早い復帰を願ってますが、無理はせずに自分のペースで
治していって欲しいですね。

それにしても今日は大きなニュースが連発で起こりました。
北朝鮮ミサイル連射、竹島の日本領海侵入、スペースシャトルetc・・・
W杯の結果の記事が載せられない・・・。
ていうかまだ作ってない(笑)
中田選手の電撃引退も書かんと・・・
posted by ボヤッピー at 00:20| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

日本WBC初代世界一!!

優勝おめでとうございます!!

僕はラジオを忘れて、携帯のサイトで途中経過を随時見てました。
平和島競艇場でもWBCの話題があちらこちらで聞こえてました。
ラジオのボリュームを上げてオッサン方が人だかりになってる所も・・・
15時頃、メルマガ登録してるメールが届き、日本世界一の一報が届きました。

すごいですねぇ、世界一ですよ。それも初代。
運にも助けられた気もしますが、それも実力のうち。
良い形でプロ野球が開幕出来そうですね。

日本 10−6 キューバ

次回は3年後になります。
それ以後は4年に一度の開催予定です。
ただ組み合わせや審判の起用など課題がぎっしり詰まってます。
時間はあるのですから、選手やファンが納得するルール作りを
真剣に考えて欲しいです。


最後にデービットソンは当分記憶から消せません(^-^;
posted by ボヤッピー at 00:25| ☀| Comment(1) | TrackBack(8) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

日本決勝進出!〜WBC準決勝

日本が韓国を6−0で勝ち決勝進出が決まりました!!
本来なら喜びたいところですが、韓国に2度負けてるのに決勝進出は複雑な気分です。
こういう馬鹿な組み合わせにしたアメリカは本当に糞です!!
しかもデービットソンをまた今日の試合に使うし。
WBC関係者は米肉の食いすぎで脳がイカレタのでしょうか?
誰が米産の肉なんて食ってやるか!!(^-^;

準決勝もう1試合はキューバがドミニカ共和国を3−1で下し
決勝は日本vsキューバになりました。
21日日本時間11時試合開始です。


尚、今日ははテレビ生観戦しましたが、21日は平和島競艇に行く
予定なので携帯で結果を見守ります。
結果がどうであれ最後まで頑張って下さい。
posted by ボヤッピー at 18:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。