2006年11月23日

ハッスルマニア2006直前

ハッスルマニア2006当日になりました。
沢山の謎がついに明らかになります。
3年間の集大成です。
※カードはハッスルオフィシャルまたはスポーツ紙参照

いつも全試合は当日会場で発表されるのに
今回は11月18日に発表されました。
事前発表されるのはハッスル史上初。
先に全カード発表する程すごい内容なのでしょう!

HGはエスペランサー戦に向けて猛特訓中です。
本業のお笑いからレスラーとしてマジモード全開です!
果たしてエスペランサーに勝つ事が出来るのか?
それとも、これが最後の試合か・・・
絶対に見逃せません!!
posted by ボヤッピー at 11:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

良い夫婦の日

ファン歴も長くなるとお約束の日も覚えてしまいます。
今年もやってきました。。

今日はaikoの誕生日です。
年齢は知ってるがもう言わない。
人の事言えないので・・・

今日は北海道帯広ライブ。
ファンからはおめでとうコールに囲まれて
感激のあまり、泣いてるでしょうね。
お誕生日おめでとうございます♪

タイトルはあまり意味なし(笑
posted by ボヤッピー at 01:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

ハッスルハウス21レビュー

ニューリン様の態度が気に入らないなどが理由で
モンスター軍に寝返ったカイヤはデビュー2試合とは
全くの別人になっていました。

試合途中から出てくれば、ニューリン様と口論。
結末はTAJIRI選手の足を封じたカイヤから
赤鬼蜘蛛の糸攻撃、とどめはモンスターK川田利明選手の
ラリアットでモンスター軍の勝利。
試合後、カイヤはニューリン様をロープで巻きつけ
締め付ける暴挙に出ました。
TAJIRI選手がカイヤに毒霧を浴びせ
ニューリン様を救出。

ハッスルマニアでは両者激突。
壮絶な試合になる事は間違いありません。

また、エスペランサーの対決が決まった
HGも駆けつけました。
TAJIRI選手がなぜか宅急便で送ったオカリナには
エスペランサーの弱点となる鍵があるといいます。
全てはニューリン様の吹き方にかかっています。
それにしても試合展開が全く読めません。
この結末はどうなるのでしょうか?

エスペランサーのアンジョー版「アンペランサー」は
結構笑えました。


メインの前に鈴木軍団のNOSAWA論外選手と
MAZADA選手が坂田亘GMWとチーム3Dの試合に
生き残ったRGの前に現れました。
そして、ボスで全日の三冠王者鈴木みのる選手が
まさかのハッスル登場!!
みのる選手は坂田GMWを完全無視し、RGと会話したり、
NOSAWA選手に代読するなどやりたい放題。
キレた坂田GMWはマニアで坂田軍団vsみのる軍団の対決を
決定しました。
これは楽しみ!!

続きを読む
posted by ボヤッピー at 01:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

きょうは(BlogPet)

きょうは、だんぱらが俳句を詠んでみようと思うの

 「連休や 連続された 武道館」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「だんぱら」が書きました。
posted by ボヤッピー at 12:48| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | だんぱら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

2006東京国際女子マラソン

高橋直子選手と土佐礼子選手の大物アスリート対決が
注目されていました。
自分は今日だということをすっかり忘れてて
25キロ過ぎあたりから見ました。
大方の予想通り、高橋選手と土佐選手の一揆打ちになりました。

30キロ過ぎて、土佐選手がややペースを上げます。
高橋選手との差がぐんぐん広がります。
土佐選手が自分のペース通りに走っているのに対し
高橋選手は急速に失速します。
いつものスイッチが入りません。
早いペースに加え、低温さらに後半につれて激しくなる雨。

独走した土佐選手が見事優勝しました。
世界選手権の基準タイムを下回り代表入りは見送りとなりましたが
コンディション最悪の中、良く走り切ったと思います。
明日、誕生日を迎える旦那さんに最高のプレゼントですね。

一方、高橋選手は39キロ過ぎに伏兵の尾崎朱美選手にも抜かれ
まさかの3位に終わりました。
タイム2時間30分を超える遅いタイムに終わりました。
日本人選手に負けたのは初マラソン以来。
3年前の東京国際では暑さで失速しましたが、
今回は寒さにやられました。
尾崎選手は大善戦の走りでした。
posted by ボヤッピー at 20:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

信頼出来ない天気予報

昨日は晴れ予想で雨の心配はほとんどない
はずだったのだが、夕方から都心中心に雹付きの激しい雷雨・・・
最近の気象庁がコンピュータに信頼し過ぎて
ほとんど外しているが、今日は大外し。
大失態を犯してしまいました。

謝罪の報道を期待していましたが夜に北海道東部で津波警報が
発令して緊急体制に。
そして何事も無かったの様に昨日の予報は
全て水に流すのでした。

津波の警戒態勢は当然にしろ、昨日の天気に対する
謝罪は全くなし。
プライドのかけらもないの?気象庁さん。
posted by ボヤッピー at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

アジアシリーズと日米野球

プロ野球アジア最強のチームを決めるアジアシリーズは
日本代表の日本ハムが予選を含め無敗でアジアの頂点に立ち、
かつての本拠地で優秀の美を飾りました。

昨年のロッテに続いての制覇です。
全勝優勝とはいえ台湾リーグを圧倒的な強さで制した
ラニューも大健闘でした。
予選・決勝共に1点差ゲーム。
流れが違っていたらラニューが優勝していたかもしれません。
来年以降が楽しみです。

また、地上波は番組の途中で終了する局が続出。
日本戦以外は放送なし。
アジア最強のチームを決める大会なのだから
もっと注目されていいと思います。

逆に72年ぶりの日本全敗で終わった日米野球は
日本代表選手辞退者続出なので無理にやることはないと
思います。
交流試合とはいえ日程的にも無理がありますしね。

日米野球とアジアシリーズの結果は追記の通りです。
今回、試合詳細は省略します。ご了承下さい。

続きを読む
posted by ボヤッピー at 22:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

ボヤッピーは(BlogPet)

ボヤッピーは
日本ハムはお知らせ八木投手から中継ぎの武田久投手、リリーフのマイケル投手とつなぎ、1勝1敗のタイに持ち込みました。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「だんぱら」が書きました。
posted by ボヤッピー at 13:18| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | だんぱら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

ノートパソコン

ネットショップから買いました。
先週注文して、昨夜ついに届きました。
ソニーのVAIOタイプFのオフィス付きの白です。
デザインは気にしてないので一番安いタイプにしました。
昨日は届いてから早速設定、気がつけば3時回ってました。
今日も起きてから設定付けの一日でした。

という訳で今週もブログに全然手をつけてません。
明日はネタを書かないと・・・

来週はいっぱいネタがありそうです。
アジアシリーズ、ハッスルもマニアが近いし、
NOAHの開幕戦も今週末です。
プロレスの数団体が集まったGPWAレポも書きたいですね。
頭ではそんな事を考えながらもなかなか手を付けないのが
自分の悪い癖。
明日はまとめないと!

今、VAIOから打ってますがメチャメチャ使い勝手がいいです。
あとはモバイルカード購入とモバイル通信の設定程度でしょうか。
posted by ボヤッピー at 23:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

NOAH〜Autumn Navigation'06日本武道館大会

武道館の大きな会場の割に注目カードはメインの
GHCヘビー級王座の王者丸藤正道vs挑戦者KENTA
の一戦のみでした。
史上初ジュニア同士によるヘビー級のタイトルマッチ。
前回の武道館、丸藤選手が丸め込みで秋山準選手に
フォール勝ちし王座を奪取しましたが賛否両論がありました。
それだけにこの二人でヘビーを努められるか若干の不安は
ありましたがフタを開けてみればものすごい激しい試合に
なりました。

圧巻だったのは丸藤選手が仕掛けた捨て身のフェンス超え
ダイビング!!
足に顔面直撃のKENTA選手は流血!!
仕掛けた丸藤選手もフェンスを喉に直撃し、両者ダメージ!!
丸藤選手が不知火を仕掛け、ロープに登るスキを狙って
KENTA選手が丸藤選手を持ち上げ、そのまま場外にポイ!!
そして花道からの断崖攻撃!!
ありえない技を次から次へと仕掛け会場の
ボルテージMAX!!
30分を超える壮絶な試合になりました!!

丸藤選手が不知火・改を決めるがカウント2!!
最後は新技リストクラッチ式フィッシャーマンズ・ドライバーからの
エビ固めでKENTA選手を沈め、丸藤選手が2度目の防衛に
成功しました!!
試合タイムはGHC史上最長タイ35分34秒!!

小橋vs秋山の試合と同タイムとなりました!!
命懸けで戦った二人!!
この日は間違いなくジュニアの二人が主役でした!!

そして次回防衛戦はファンのコールを受けて
デビューから付き人を務めた三沢光晴選手を指名!!
2日後の31日、三沢選手は受諾!!
これにより、次期シリーズ12月10日最終戦武道館は
王者丸藤正道vs挑戦者三沢光晴に早くも決定しました!!

今年の総決算!!
丸藤選手は師匠超えを果たすのか!?
これで勝ったら大変な事になります!!
まだ1ヶ月以上ありますが今から楽しみです!!
posted by ボヤッピー at 12:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。